2018年度 新入生歓迎 特設ページ

新入生の皆さんへ!

私たちtraPの活動について知ってもらうためのページを用意しました。
新入生の皆さんと一緒に活動できる日を楽しみにしております!

traPってどんなサークル?

traPとは?

『デジタル創作同好会traP』は、東京工業大学で活動するデジタル創作・プログラミング系サークルです。
アプリ・ゲームの制作を中心に、音楽(DTM)、グラフィック(イラスト、3Dモデル、ドット絵、動画)などのクリエイティブ活動の他、競技プログラミング(競プロ)やサイバーセキュリティ(CTF)も行っています。

大学生になってから?

traP部員の半数以上は、大学生になってから創作活動を始めた人たちです。
部内では、初心者向けのプログラミングやDTM、イラスト、モデリング、競プロ、CTFなどの講習会が行われているほか、すぐに質問できる先輩方もたくさんいるので、成長できる環境が揃っています。
実際に、大学からお絵かきを始めて神絵師になる先輩や、大学からプログラミングを始めて、エンジニアとしてテレビ出演を果たす先輩、大学から競プロ・CTFを始めて世界を相手に戦う先輩などもいるとか!?

話題の技術も?

ディープラーニング(AI)やブロックチェーン(暗号通貨)、3Dレンダリング・シェーディング技術、物理エンジン、コンパイラなど高度な技術に関する勉強会・LT会もあるので、最新技術に興味のある方にもおススメです。
こうしたプログラミング界隈の東工大生が多数所属しており、アツい議論を交わせるのはtraPだけです!

もちろんクリエイティブも?

もちろんプログラミングだけではなく、イラストを描くのが好きな人や、音楽を作るのが好きな人もたくさん所属しています。
プログラミング系の人とチームを組んでゲームを制作したり、画集やCDを制作したりと、クリエイティブな活動も非常に盛んです。

大会へ挑戦?

競プロやCTFに興味のある人も多く所属しており、ICPC(国際大学対抗プロコン)世界大会への出場実績や、CTF国際大会への出場権獲得、国内最高峰CTF大会で文部科学大臣賞など、世界レベルのチームもtraPに所属しています。
他にも、git challengeISUCONICTトラブルシュートコンテストなどにも出場、多数入賞しています。
新入生のみなさんも、traPで一緒に世界を目指しませんか!?

お待ちしてます!

4月中には、色々な体験会や講習会を用意して新入生のみなさんをお待ちしています。
お気軽にお越しください!

よくありそうな質問

Q. 自分の好きなことができる?

A. はい。

メンバーはそれぞれ自分の興味のある分野での活動に参加しています。
チームに加わってゲームやアプリを作る人もいれば、個人で音楽を作ったり、絵を描いたり、プログラミングしたりしている人もいます。
traPで何をするかは自由で、「これをやれ!」と押し付けられることは基本的にはありません。
もちろん、プログラミングや創作活動をやってみたいけど、何から始めようか迷っている人には、先輩方がいろいろ勧めてくれますよ。

Q. 初心者でも大丈夫?

A. はい。

大学に入ってからプログラミング(アプリ・ゲーム制作、競プロ、CTF)や、クリエイティブ活動(DTM、イラスト、モデリング)を初めた人が半数を超えています。
もちろん、部内勉強会も頻繁に開催されており、各分野について詳しい人もたくさんいるので、質問相手に困ることはありません。
traPに入ってから別の分野に手を出す人も珍しくありません。幅広く創作活動を行うサークルの強みですね!

Q. どれくらい人がいる?どんな人がいる?

A. たくさんです。いろいろです。

現在では150人ほど所属しており、年々増加しています。学内サークルでもトップクラスの規模です。
学部生だけでなく、院生も所属しているほか、留学生も活躍しています。
5類、1類、4類が多めですが、全ての類の東工大生が所属しています。

Q. 全体での集まりはある?曜日は?

A. はい。曜日は(今のところ)未定です。

学期中は隔週程度で全体集会があります。
今年度は何曜日に集会が行われるかは未定ですが、昨年はなるべく多くの人が参加できるように曜日を固定していませんでした。
もちろん、テスト期間や長期休暇中はサークルのお休みです。長期休暇中は、サークル全体で親睦旅行に行ったりもしますよ!
全体集会では、制作チームが進捗を報告したり、個人で作ったもの・勉強したものを紹介するショートプレゼン「らん☆ぷろ」を行ったりします。
らん☆ぷろでは、自分の話したいことを好きに話しても良いというルールとしています。たとえば、流行っているゲームのデザインについての考察や、チームマネジメントの手法、プログラミング言語の作り方など、発表テーマは非常バラエティに富んでいます。
毎回予定時間を大幅にオーバーするほどの発表希望があり、非常に盛り上がっています。
集会が終わった後も、発表された内容についての議論が延々と続いていることも……

Q. それ以外の普段の活動は?

A. チーム制です

traPでは、ほとんどの活動をチーム制で行っています。
ゲームやアプリなど、作品の制作を複数人で行う制作チームのほか、イラストや音楽、サイバーセキュリティ、AI、アルゴリズムなど、特定のテーマに興味のあるメンバーが集まって勉強会等を行うゼミ形式のチームがあります。
チームはtraPメンバーの希望によって設立され、常時10から20のチームが存在しています。普段はのチーム単位で時間や場所を決めて集まり、活動を行います。
もちろん、traPでやりたいことがあれば新しくチームを立ち上げることも可能です。
他にも、特定のトピックについて集中的に勉強する「もくもく会」をやったりもします。
あと、ゲーム好きな人が多いので集まってゲームで遊んだりしている人います。

Q. 大学外での活動は?

A. やってます!

コミックマーケットにゲーム作品や音楽CD、画集を持っていったり、それに準ずる即売会に出たりもします。
ゲーム制作者交流イベントGAME3中高生向けのプログラミング教室を主催していたりします。
GAME3は、他大学のプログラミング・クリエイティブ系の人たちが集まる、非常に規模の大きな交流イベントです。
その他にも、有名ゲーム企業へ会社見学に行ったり、お招きしてお話をいただく機会があったりもします。

Q. 部費はある?

A. 半期2000円です。

共用備品の維持・購入や、各種イベントへの参加費やCD・チラシ制作などに使用します。

Q. どうやって入部するの?

A. 4月末に入部期間があります!

入部期間の詳細は、イベントカレンダーをご覧ください!
Twitter等でアナウンスもしますので、ご確認ください。
もちろん、それ以降でも入部できます。詳しくはお問い合わせください。

Q. 他にも聞きたいことがある!

A. はい、お待ちしています!

そのほか気になることがあれば、質問箱に投稿していただければ回答します!
回答はTwitterアカウント@traPtitechに投稿しますので、ぜひフォローしてご確認ください。

回答がTwitterに投稿されるのはちょっと……という方は、こちらのページ末尾にある連絡先までお願いします。
4月中のガイダンスでも質問は受け付けます。ガイダンスの詳細はイベントカレンダーをご覧ください!

イベントカレンダー

時間や場所の予定が決まり次第、随時更新していきます。
Twitterアカウント@traPtitechでも情報を発信しますので、ぜひフォローしてご確認ください。

ガイダンス

活動についての説明と、traPが制作したゲームの展示を行います。
来場者には特典もあります。出入りは自由です。

ゲーム大会

traPが制作したゲームで大会を行います!
優勝者には豪華景品を用意しています。参加賞もあります。

CTF・競技プログラミング大会

競技プログラミング、CTFの問題を解くオンサイト大会を開催します!
パソコンに強くなりましょう。

サウンド体験会

既存の曲を自分の手で再現する耳コピの体験ができます。
曲の構造を知ることができるので感動的です!

モデリング体験会

3Dモデリングを体験しましょう!
Blenderというソフトを入れたPCとマウスの持参をお願いします。初心者大歓迎!

プログラミング体験会

未経験者〜初心者向けに体験会を行います!
私たちと一緒にゲーム製作の第一歩を踏み出してみませんか?

イラスト体験会(イラスト)

紙とペンを使ってじっくりと模写をします。
「絵に自信がない!」なんていう方も安心してぜひご参加ください!

イラスト体験会(ドット絵)

簡単なドット絵を実際に作ります。
ドット絵って何?と思った人もそうでない人もぜひ体験してみましょう!

ライトニングトーク

サークルメンバーが自由なテーマでそれぞれ数分間の短いプレゼンテーションを行います。
どうぞご覧ください。

入部会

前期部費2000円と、スマホまたはPCを持参してください。

新入部員歓迎パーティ

新入部員の皆さんは参加費無料の立食パーティです。ぜひご参加ください。

カレンダー

活動紹介

アプリ制作・ゲーム制作

アプリ制作・ゲーム制作

traPでは、チームでのアプリ制作・ゲーム制作を行っています。もちろん、個人でアプリ制作・ゲーム制作に取り組んでいるメンバーもいます。
部内で企画を出し合っての制作はもちろん、外部からの依頼を受けての制作も行っています。
企画プロデュースやプログラミング、グラフィック、サウンド、シナリオなど、各々が得意とする能力を活かして制作に取り組んでいます。

いままでアクションゲームからRPG、パズルゲーム、音楽ゲーム、ノベルゲームなど様々なゲームや、
Webサイト、会話BOT、タスク管理アプリ、SNSアプリ、サーバ仮想化ソフトウェアなど、様々な作品を手掛けてきました。
Kinectを使った体を動かすゲームや、流行のVRアプリなど、最新の技術にチャレンジするメンバーも多数います。

制作したアプリやゲームは、工大祭での展示やコンテストへの出展を行い、実際に遊んでくれた人たちからのフィードバックを得て次の制作に活かしています。
また、限られた時間内で作品を制作するハッカソンイベントにも多数出場しており、入賞実績もあります。

私たちといっしょに、面白い作品を作りましょう!

チーム制作作品の紹介

アプリ制作・ゲーム制作に関するブログ記事ピックアップ!

活動紹介

グラフィック班

グラフィック班の紹介

traPのグラフィック班では、ドット絵、デジタルイラスト、3Dモデル、アナログイラストの制作を行っています。

制作した作品は、チームで制作するゲームに用いられたり、各種イベントの広告チラシに使用されています。
新歓で配るチラシや、イベントポスター、コミケで頒布するCDのレーベルなどのデザインも全てこのグラフィック班で行っています。

現状グラフィック班は他の班に比べてメンバーが少ないので、非常に重宝される存在です。
また、ほとんどがお絵描きを大学から始めたり、ノートに落書きをしたことしかないという人たちなので、経験がなくても全く問題ありません。
好きなアニメのキャラクターを描けるようになったり、描いた画像や作ったモデルが実施にゲームに使われるのは非常に楽しく、達成感があります。
是非お絵描きを始めてみましょう!

グラフィック班の紹介ページへ

グラフィック班の作品紹介

グラフィック班のブログ記事ピックアップ!

活動紹介

サウンド班

サウンド班の紹介

traPのサウンド班では、ゲーム制作で用いられる楽曲や効果音を中心に、PCを使っていろいろな音楽を作っています。
ちなみに、パソコンを用いた音楽制作をDTM(DeskTop Music)と言います。楽器の演奏が出来ない人でも作曲が出来るのがDTMの魅力です。

ゲームで使用される楽曲のほかにも、オリジナル曲の制作を行い、M3(音系・メディアミックス同人即売会)での楽曲頒布を行います。 また、毎年コミックマーケットにも参加しています。

作曲は簡単ではありませんが、traPのサウンド班には大学に入ってからDTMを始めたという先輩も多くいます。 「趣味は作曲です」と言えるのはカッコ良くないでしょうか……!?

サウンド班の紹介ページへ

サウンド班の作品紹介

サウンド班のブログ記事ピックアップ!

活動紹介

競プロ班・CTF班

競プロ班・CTF班

traPでは、アルゴリズム系(競技プログラミング、競プロ)やサイバーセキュリティ系(CaptureTheFlag、CTF)の大会出場や勉強会も行っています。
競プロ・CTFともに顕著な実績を上げており、非常にレベルの高いチームをです。

競技プログラミング

競技プログラミングとは、ある条件に沿った入力が与えられて、問題の解になるような出力をする、というのをプログラムするものです。
プログラミングのスキルを上げたり、アルゴリズムや数学の勉強になり、何より楽しい競技です。
世界的な大会も多数あり、世界の強豪たちがしのぎを削っています。

CTF

CTF (Capture the Flag)、旗取り合戦とは、ここではコンピュータセキュリティ競技のことです。
機密情報に見立てたFLAG(フラッグ、旗)と呼ばれる文字列を、運営の用意したコンピュータから盗み出す形式が一般的で、
逆に対象のコンピュータ内に特定のデータを書き込むことを目指す競技や、敵チームのコンピュータからFLAG盗み出したり、それを防御する攻防戦もあります。
ざっくり言うと、ハッキングと聞いて思い浮かべるようなアレの腕を競うものです。ニュースなどでも、ハッキング大会と形容されたりします。

コンピューターサイエンスを学ぼうとする人なら、一度はいわゆるハッカーに憧れるものじゃないですか??
そういう人は、ぜひぜひCTFにチャレンジしましょう!!!

競プロ班・CTF班のブログ記事ピックアップ!

活動紹介

らん☆ぷろ

らん☆ぷろ とは!?

部員が各々、興味のあるトピックや勉強したりやってみたりしたコトについて5~10分くらいで発表する会です。
参加は任意ですが、たくさんの人が幅広いトピックについて話しています。

技術ネタはもちろん、音楽の作り方からお絵かきソフトの所感などなど、ジャンルはさまざまです。
各発表に対しての質問や「ここはこうしたほうがいいよ!」みたいな意見もバシバシ飛び交っています。

らん☆ぷろレポート

らん☆ぷろ を体験!

4月中、らん☆ぷろを体験できるライトニングトーク会があります!
(詳しくはこのページのイベントカレンダーを見てください。)

もちろん、新入生のみなさんは聞いているだけでOKなので(発表も歓迎ですが)、ぜひお気軽にお越し下さい!!!!
現役部員が春休み中に練りに練った面白い発表が聞けること間違いなしです!!!!!!

ついでに、らん☆ぷろ的なノリのイケてるブログ記事を勝手に紹介しておきます。
らん☆ぷろでは、こういう感じの発表がたくさん聞けますよ。

イケてるブログ記事ピックアップ!

この記事をシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

活動の紹介

カテゴリ

タグ