2019年12月12日 | ブログ記事

好きなアーティストを紹介する(1)【AdC43日目】

fomalhaut

この記事は東京工業大学デジタル創作同好会traPのアドベントカレンダー2019における43日目の記事となります。



はじめに

こんにちは、サウンド班のfomalhautと申します。今回の記事はタイトル通りの記事です。アーティストを一人紹介するだけであんまり面白みはないかもしれません。あと、(1)って書いてありますが(2)は出るかどうかわかりません。まあ、気が向いたらやります。
それで、今回紹介するのはTokyoProseというアーティストです。



Tokyo Proseとは

まずは、どういうアーティストなのかを簡単に説明しようと思います。
TokyoProseはニュージーランドのDrum'n'Bassプロデューサーです。(本名はSam Reedと言います。)
Soul:r, Samurai Music, Hospital Recordsっていうレーベルから曲を出していて、最近ではThe North Quarterというところからも出したらしいです。
この人の曲ですが、Drum'n'Bassの中でも恐らくLiquidFunkよりのジャンルの人でとても静かで綺麗な曲の印象が強いです。
一応ホームページのリンクを貼っておきます。全部英語です。
http://www.tokyoprose.com/



Drum'n'Bassってなんだよ

Drum'n'BassとかLiquidFunkっていうジャンルを初めて聞く人も多い気もするので簡単に説明したいとは思うのですが、曲のジャンルってとても複雑である上にDrum'n'Bassっていうジャンルが幅広く、言及するとめんどくさい感じになるので、
Drum'n'Bassはこことかここから
LiquidFunkはここから 
大体の雰囲気を感じ取ってください。
まあ、Drum'n'Bassはともかく、LiquidFunkっていうのはアバウトに言えばベースが激しいというよりは綺麗なメロディが印象的なDrum'n'Bassのことです。多分。



曲の紹介

大体Drum'n'Bassがわかったと思うのでこの人の曲を3つほど紹介します。最初からそうした方がよかったですね。



1. Down Chorus



綺麗で落ち着いた曲です。この様に全体的に主張が激しくないというのもTokyoProseの特徴の1つです。



2. All Things



Padがとても綺麗です。bpmは速いですが、ゆったりとした曲になっています。



3. Saving Grace



個人的にTokyoProseの中ではこれが一番好きです。Chill感がたまりません。因みに「サムラーイ」という声ネタは完全版ではありません。あくまで広告用ということなのか。



終わりに

TokyoProseは他にも良い曲たくさんあるのでSpotifyとかで聞いたりしてみてください。後、次回やるんだったらもうちょっと有名な人にしようと思います。次回は来ないかもしれないけど。



明日はYataka_MLさんの記事になります。お楽しみに。

この記事を書いた人
fomalhaut

sound班の端くれです。適当に生きてます。

この記事をシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事

2019年11月19日
洋楽のすゝめ【Advent Calendar 2019 20日目】
Adwaver_4157
2019年12月26日
アドベントカレンダーエンディング
HF
2019年12月25日
今からでも間に合う!?彼女(嫁/ママ/推し/etc...)とデートしよう!
chuukunn
2019年12月25日
TensorFlow.jsでwasmを使ってみるためにコントリビュートした【AdC2019 56日目】
sappi_red
2019年12月25日
無料でDTM環境構築 電子音系編
liquid1224
2019年12月23日
無料でDTM環境構築 生音系編
kashiwade

活動の紹介

カテゴリ

タグ