2017年6月9日 | ブログ記事

ハッカソン参加記 - DDD -

whiteonion

05/21に開催されたtraP部内ハッカソンの報告記事です。

うぃにおんと申します。

今回私達のチームが生み出した作品と、その軽い制作過程を紹介します。

チーム名:DD(Desktop Destroyer)

ゲーム名:DDD(Drone Destroyer DA・CHOU)

です**。後で説明します。**

チームメンバーは
nao(プログラム)
suzushiro(プログラム)
Durun(サウンド)
whiteonion(グラフィック)

テーマは「ふく」「たび」「便」全てを利用しました。

後で説明します。


開発開始直後にどのテーマを取り入れるかを話し合ってたのですが、†なんだかんだ†で全部取り入れることになり、

プレイヤーが吹き矢を吹いて

空輸便であるドローンから救援物資をもらいつつ

旅をする

というコンセプトとなりました。

後悔はないです。

コンセプトも決まったし、順調に開発が進むかと思いきや、naoくんがEclipseでデスクトップを吹き飛ばすというアクシデントが発生。

彼がblenderで作ってあったダチョウのモデルもさようならしてしまいました。

途中でチーム名を決める時、ネタにならないはずもなく......

プレイヤーもどうしようかと悩んでいたんですが、人を動かすのも難しいので思案していたところ、

ネタにならないはずもなく......

追悼の意を込めてダチョウを作ったのですが、なんともシュールな出来上がりになりました。(満足)


昼食は大正義こころ。おいしかった。

その気になればにんにくで開発会場を壊滅させることもできましたが、ここは除名されたくないので全員にんにく無しで注文。

一年前に比べて余裕が出てきたのかもしれないですね。

そんなこんなで開発は終了。

開発終了時間までnaoくんとsuzushiroくんはプログラムの実装を頑張っていました。

Durunくんから上がってきた曲はこちら。

ちゃんと最後まで聞いてくださいね。

タイトル画面はこんな感じ。

細かいことは気にしない。

ゲームの内容は、走ることで徐々に減っていく体力を回復させるために、zキーで吹き矢(???)を発射し、空中のドローンを破壊します。

するとドローンはハートを落とし、それでダチョウを回復させることができます。

うまくドローンを打ち落として最高記録を目指そうというゲームです。

ゲームとしてはBGMがアゲ↑アゲ↑の時には出現するドローンの頻度を変えたり、背景を差し替えたり、拘れるところは開発を進めるときに沢山出てきたのですが、ひとまず形としてゲームを完成させることができたのでとても良かったと思います。

以上です。

この記事を書いた人
whiteonion

ドットの世界の囚人です。 JPEGで保存した罪で懲役32*32年です。

この記事をシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事

2018年12月5日
ハッカソン2018Winter参加記 - チームFoRd「WFF」 -
Facish
2018年7月7日
ますにかえる ハッカソン参加記
yusuke
2018年7月7日
ストロンチウム ハッカソン参加記
biore
2018年7月3日
ハッカソン参戦記 - チーム†未来のSysAd†「booQ」
nagatech
2018年7月2日
ハッカソン(5班・初心者同盟)
DD
2018年7月1日
ハッカソンの開発記 - 親の子殺し -
Itu

活動の紹介

カテゴリ

タグ