feature image

2023年3月14日 | ブログ記事

VSCodeで最強のMarkdownノートエディタを作ろう

この記事は、2023年traP新歓ブログリレー6日目の記事です。

こんにちは、19Bのカシワデと言います。サウンド班とグラフィック班に所属していて、普段は曲を作ってたりプログラミングしてたりしてます。

↓聴いて!!!!!!!!!!!!!

他にも色々記事を書いているので興味があれば是非!

【入門】JUCEを使ってVSTプラグインを作ろう!!
この記事は新歓ブログリレー2022 / 40日目の記事ですこんにちは、19Bのカシワデです。普段はオーケストラ系の曲を作ってます。 TwitterやSoundcloudもよろしくね!!!!!! さてさて、皆さまいかがお過ごしでしょうか。近くスプリングセールやサマーセールなども行われるであろう中、DTMerの敵である円安はめちゃめちゃに進み、とてもじゃないがプラグインは買えないよ~~~と言ってる頃かと思います。 こんなことを思ったことはありませんか。 「あぁ…もしも自分が理想とするプラグインを無料で作れたら、こんなにも散財することはないのになぁ」その思いを叶えてしまおう、というのが本記事の目的…
原神の稲妻の戦闘曲を耳コピしようと試みた話
こんにちは19Bのカシワデです。 このブログ記事では稲妻の戦闘曲(三味線が主体となってる非オーケストラのやつ)を耳コピしようと試みた話をしたいと思います。 やろうと思った動機 Soica InstrumentsのTsugaru Shamisenという音源を使ってみたかったのと、原神の稲妻曲の良さに気が付き始めたからです。 結論 原神の稲妻戦闘曲の、三味線が主体の曲を一部耳コピしてみた (三味線パートだけ) pic.twitter.com/4NYSdg5flD — カシワデ (@Kashiwade_music) September 11, 2021 音色が似ない どことなく漂う…
曲が...曲がどんどん出来ていくぞ!!!!
昨日の自分「今作ってる曲まじで良すぎる。天才かもしれん」 今日の自分「ナニコレ。曲作り下手すぎか~~」 この記事は新歓ブログリレー23日目の記事です。 こんにちは、カシワデと言います。サウンド班に所属していてパソコンで音楽を作っています。 皆さん、DTMってしってますか? DTMとはDeskTop Musicという和製英語の略で、パソコンで音楽を作ることを広く指します。パソコンで音楽を作ると言っても昨今の曲は大体パソコンを用いて作られているので、DTMというと特に"打ち込み"のニュアンスが出るような気がします。 でも、『パソコンで音楽を作る~』とか『打ち込み』っ…

🎉入学おめでとう🎉

まずは新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます!!!これから始まる大学生活は非常に短いですし、世間で言われる程時間に余裕があるわけでは無いので、後悔の無い充実した生活を送ってください!

忙しい人のための結論

ノート、何でとる?

大学に入学してしばらくはオリエンテーションとかガイダンスとかが主となると思います。本格的に授業が始まるのは新学期1~2週間経ってからでしょう。皆さんは授業が始まったら、ノートを何でとる予定ですか?やっぱり紙のノートでしょうか。

僕も入学当初は紙でノートをとっていました。高校の時は普通に紙に書いてましたし、大学に入っても引き続きそれを使っていました。でも紙って結構管理がめんどくさいんですよね...。かさばるし、擦れると汚くなるし、検索性悪いし...。下書きとか計算用紙としてはベストだと思うんですが、後から見直すかもしれないものを紙のノートでとるのはイマイチな所があります。

そこで入学してから今まで、色々なノートアプリを探して使ってみました。しかし、中々自分の思い通りの機能を持つ完璧なものはありませんでした。

無いなら...作るか!

無いなら作ろう!ってことで作ることにしました。元々VSCodeを使っていたので、エディタ部分はそれをベースにし、欲しい機能はプラグインを作ったり既存プラグインを組み合わせたりして何とかしていくことにしました。

作ると言っても、既に優秀なMarkdownプラグインがVSCodeに溢れているので、まずはそれらを組み合わせて改造するところから始めます。

既存の拡張機能を入れる

拡張機能を入れます。入れる拡張機能は下記の通りでです。

既存の拡張機能をカスタマイズする

Markdown Preview Enhancedを用いることでスタイル変更や独自コマンドを追加できます。個人的にHackMDのMarkdown拡張記法が便利だと思ったのでそれを追加してみます。下記の画像のような感じです。

まずF1キーを押して「Markdown Preview Enhanced: Extend Parser」を選択します。

コードが表示されるので以下のように書き換えます

({
  onWillParseMarkdown: async function (markdown) {
    markdown = markdown.replace(/:::danger[\s\S]*?:::/gm, (danger_alert) => {
      danger_alert =
        '<div class="alert alert-danger">\n' + danger_alert.slice(9);
      danger_alert = danger_alert.slice(0, -3) + "</div>";
      return danger_alert;
    });

    markdown = markdown.replace(/:::success[\s\S]*?:::/gm, (success_alert) => {
      success_alert =
        '<div class="alert alert-success">\n' + success_alert.slice(10);
      success_alert = success_alert.slice(0, -3) + "</div>";
      return success_alert;
    });

    markdown = markdown.replace(/:::info[\s\S]*?:::/gm, (info_alert) => {
      info_alert = '<div class="alert alert-info">\n' + info_alert.slice(7);
      info_alert = info_alert.slice(0, -3) + "</div>";
      return info_alert;
    });

    markdown = markdown.replace(/:::warning[\s\S]*?:::/gm, (warning_alert) => {
      warning_alert =
        '<div class="alert alert-warning">\n' + warning_alert.slice(10);
      warning_alert = warning_alert.slice(0, -3) + "</div>";
      return warning_alert;
    });

    return markdown;
  },

  onDidParseMarkdown: async function (html) {
    return html;
  },

  onWillTransformMarkdown: async function (markdown) {
    return markdown;
  },

  onDidTransformMarkdown: async function (markdown) {
    return markdown;
  },

  processWikiLink: function ({ text, link }) {
    return {
      text,
      link: link ? link : text.endsWith(".md") ? text : `${text}.md`,
    };
  },
});

2023/09/26追記
Markdown Preview Enhancedのバージョンアップに伴うParserの仕様変更に対応しました

onWillParseMarkdown()の中でMarkdown文字列を一部書き換えて、:::info :::のようにコロンで囲まれた部分を特定のクラス名を持つHTML divタグで囲みます。後でそのクラス名に対してスタイルを当てることで、機能を実現します。

パーサの拡張に関する詳細は公式ドキュメントや本家のソースコードを参照してください。

次にスタイルを当てます。F1キーを押して「Markdown Preview Enhanced: Customize CSS」を選択します。

コードが表示されるので次のように書き換えましょう。

/* Please visit the URL below for more information: */
/*   https://shd101wyy.github.io/markdown-preview-enhanced/#/customize-css */

.markdown-preview.markdown-preview {
  // modify your style here
  // eg: background-color: blue;

  .alert {
    padding: 15px;
    margin-bottom: 20px;
    border: 1px solid transparent;
    border-radius: 4px;
    display: block;
    width: auto;
  }
  .alert > p,
  .alert > ul {
    margin-bottom: 0;
  }
  .alert-danger {
    color: #a94442;
    background-color: #f2dede;
    border-color: #ebccd1;
  }

  .alert-success {
    color: #3c763d;
    background-color: #dff0d8;
    border-color: #d6e9c6;
  }

  .alert-info {
    color: #31708f;
    background-color: #d9edf7;
    border-color: #bce8f1;
  }

  .alert-warning {
    color: #8a6d3b;
    background-color: #fcf8e3;
    border-color: #faebcc;
  }
}

2024/01/04追記
Markdown Preview Enhancedのバージョンアップに伴うCSSスタイリングの変更に対応しました。

ここでは他のHTML要素に対してもスタイルを当てることが出来ます。自分は見ためをHackMDに寄せるために以下のコードも.markdown-preview.markdown-preview { }内に記述しています。


  font-size: 16px;
  font-family: -apple-system, BlinkMacSystemFont, Segoe UI, Roboto,
    Helvetica Neue, Helvetica, Arial, sans-serif, Apple Color Emoji,
    Segoe UI Emoji, Segoe UI Symbol;

  strong {
    color: inherit;
  }
  h1 {
    color: inherit;
    padding-bottom: 0.3em;
    border-bottom: 1px solid #eee;
    font-size: 2em;
    font-weight: 600;
  }
  h2 {
    color: inherit;
    padding-bottom: 0.3em;
    border-bottom: 1px solid #eee;
    font-size: 1.5em;
  }
  h3 {
    color: inherit;
    font-size: 1.25em;
  }
  h4 {
    color: inherit;
    font-size: 1em;
  }
  code {
    font-family: Menlo, Monaco, Consolas, "Courier New", monospace;
  }


こんな感じになれば成功です!

拡張機能を作る

これで大分理想のノートアプリに近づいたのですが、まだ新規ファイル作成が不便です。ノートの階層型整理も手動でやらないといけません。更に、ノートに添付する画像がPNG形式であるため、大量に画像を添付すると容量が大きくなるという問題もあります。

これらの問題を解決する既存プラグインは見つけることが出来なかったので、拡張機能を作ってみました。実際の動作は下記のような感じです。あらかじめ新規ノートのカテゴリを設定から追加しておき、後はそのカテゴリを選んでいけばノートがカテゴリの階層に従って作成されます。また下記のgifには表示されていませんが、ノートに添付された画像ファイルを一括でWebP形式やAV1形式に変換する機能も持っています。

拡張機能を作る話は、また別の記事でしたいと思います。この拡張機能は下記から入手できます。プルリクお待ちしています!

VSCode Note Taking Extension - Visual Studio Marketplace
Extension for Visual Studio Code - Create a markdown note page by simply clicking on categories and entering a file name.

完成!

というわけで、理想のMarkdownノートアプリが完成しました。今後更に欲しい機能が出てきたとしても、都度改造することで対応できます。

皆さんもVSCodeをベースに最強のMarkdownエディタを構築していってください!

明日の記事は @Sia8344 さんの担当です。楽しみ~

kashiwade icon
この記事を書いた人
kashiwade

そこのお前!!DTMをしよう!!!

この記事をシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加
共有

関連する記事

2023年4月17日
ポケモンを飼いたい夢を叶える
tqk icon tqk
2023年4月25日
【驚愕】作曲4年目だった男が大学3年間ゲームサウンドに関わった末路...【ゲームサウンドのお仕事について】
tenya icon tenya
2023年3月20日
traPグラフィック班の活動紹介(Ver.2023)
NABE icon NABE
2023年4月27日
Vulkanのデバイスドライバを自作してみた
kegra icon kegra
2023年4月25日
15時間でゲームを作った #Oxygenator
Komichi icon Komichi
2023年3月13日
GoでWebSocketのテスト書く
Ras icon Ras
記事一覧 タグ一覧 Google アナリティクスについて