feature image

2022年9月20日 | ブログ記事

Pythonは1行あれば十分

夏のブログリレー2022年の42日目の記事です。

はじまり

「あれこのPythonプログラム、1行で書けるんじゃね...?」皆さんこう思ったことはありませんか?ありますよね?そんな皆さんのために、この記事ではPythonワンライナーの自分なりの書き方を紹介します。
※ ほとんど私の主観です

基礎

応用はないです。

とりあえず先人の知恵を引用↓

強調したいこと↓

FizzBuzz

みなさんご存知のあれです。まずは普通に書くと↓のようになります。

for i in range(1, 101):
    mod3 = i % 3 == 0
    mod5 = i % 5 == 0
    out = ""
    if mod3:
        out += "Fizz"
    if mod5:
        out += "Buzz"
    if not out:
        out = str(i)
    print(out)

これをワンライナーで書く場合、いろんな書き方ができます。

# type 1
[print("FizzBuzz" if (mod3 := i % 3 == 0) * (mod5 := i % 5 == 0) else "Fizz" if mod3 else "Buzz" if mod5 else str(i)) for i in range(1, 101)]
# type 2
print(*("Fizz" * (not i % 3) + "Buzz" * (not i % 5) or str(i) for i in range(1, 101)), sep="\n")
# type 3
(lambda f: any(map(lambda i: print(f(i)), range(1, 101))))(lambda i: "Fizz "[:-(not i % 3)] + "Buzz "[:-(not i % 5)] or str(i))

注目したいのは↓の2点です。

  1. ループの評価方法
  2. 各イテレーションで、1から100の各iから"Fizz"などの文字を得る式
    • 以降はこの式をfizzbuzz(i)で表します

各typeについて箇条書きでざっくりと解説します。

type 1

  1. [print(fizzbuzz(i)) for i in range(101)]
    • リスト内包表記
    • 無駄な配列ができるのが、うーんってところ
  2. "FizzBuzz" if (mod3 := i % 3 == 0) * (mod5 := i % 5 == 0) else "Fizz" if mod3 else "Buzz" if mod5 else str(i)
    • 愚直に場合わけ
    • 長くてめんどくさい
    • *andにしてはいけない
      • andにするとmod5 := ...が評価されなくなる可能性がある
      • セイウチ演算子つきの式は必ず評価したい

type 2

  1. print(*(fizzbuzz(i) for i in range(1, 101)), sep="\n")
    • printの引数でジェネレーターを*展開
    • ありがちな方法(多分)
    • print呼び出しが一度になる反面、sep="\n"がついてくるのがなんとも
    • ↑が嫌だったら"\n".joinを使うという手がある
  2. "Fizz" * (not i % 3) + "Buzz" * (not i % 5) or str(i)
    • 文字列なのに数値みたい
    • "Fizz" * False + "Buzz" * False""になるの、暗号では
    • 空文字列""はfalsyなので、FizzBuzzも当たらなかった時にorで右辺のstr(i)が評価される

type 3

  1. (lambda f: any(map(lambda i: print(f(i)), range(1, 101))))(fizzbuzz)
    • 無理やりラムダ式使った
    • 1と2で明確に処理が分離されて嬉しい
    • fizzbuzzfという変数に代入された、と見れる
    • セイウチ演算子より楽かも
    • any関数ってなかなか見ないよね
    • print(f(i)) or i == 15とかにしたらわかるけど、途中にtruthyな要素があったらループが切れる
    • mapforを消せる、それはそう
  2. "Fizz "[:-(not i % 3)] + "Buzz "[:-(not i % 5)] or str(i)
    • [:-(これすき
    • 作者(私)「スライスしたかった」
    • "Hello"[:-False]"", "Hello"[:-True]"Hell" 末尾1文字の罠
    • type 2の暗号よりはましな暗号?

オレオレコーディング規約

ワンライナーを真面目に1行でやるのは無理なのでいい感じに改行したい、というわけで普段なんとなく考えていることを書いておきます。

(lambda f:
    any(map(
        lambda i: print(f(i)),
        range(1, 101)
    ))
)(lambda i:
    "Fizz "[:-(not i % 3)] + "Buzz "[:-(not i % 5)] or str(i)
)

オレオレ規約なので、テキトーに聞き流してください。以降はこんな感じでワンライナープログラムに改行、インデントを入れていきます。

再帰

クイックソートを考えましょう。まずは普通に書くと↓のようになります。

def quicksort(items: list[int]) -> list[int]:
    if len(items) <= 1:
        return items
    head, *tail = items
    return quicksort([e for e in tail if e < head]) + [head] + quicksort([e for e in tail if e > head])

この関数をワンライナーにするとこうでしょうか?

quicksort = (lambda items:
    items if len(items) <= 1 else (
        quicksort([e for e in items[1:] if e < items[0]])
        + [items[0]]
        + quicksort([e for e in items[1:] if e > items[0]])
    )
)

ラムダ式内でquicksortを参照しているため、関数名をquicksortからquick_sortとかに変えるとエラーになります。
再帰をラムダ式内で完結させられたら嬉しいですね。ということで、そのように書きましょう。

quicksort = (lambda f:
    lambda items: f(items, f)
)(lambda items, f:
    items if len(items) <= 1 else (
        f([e for e in items[1:] if e < items[0]], f)
        + [items[0]]
        + f([e for e in items[1:] if e > items[0]], f)
    )
)

Yコンビネータなんて複雑なものを作らなくても、関数に自分自身を受け取る引数があればいいのです。


Pythonでのワンライナー - Qiitaより

まあ僕はYコンビネータとか全くわかりませんが...

Brainf*ck

チューリング完全といえばやはりこれですね。

python3 bf.py helloworld.bfみたいに実行できることを想定してプログラムを作成します。

まずは普通に書きます。

import sys


class StateMachine:
    def __init__(self) -> None:
        self.mem = [0]
        self.pointer = 0
        self.cin = sys.stdin
        self.cout = sys.stdout

def inc(state) -> None:
    state.mem[state.pointer] += 1

def dec(state) -> None:
    state.mem[state.pointer] -= 1

def left(state) -> None:
    state.pointer -= 1
    if state.pointer < 0:
        state.mem.insert(0, 0)
        state.pointer = 0

def right(state) -> None:
    state.pointer += 1
    if state.pointer >= len(state.mem):
        state.mem.append(0)

def read(state) -> None:
    state.mem[state.pointer] = ord(state.cin.read(1))

def write(state) -> None:
    state.cout.write(chr(state.mem[state.pointer]))

def parse(code: str, exprs) -> list:
    result = []
    nest_count, nest_start = 0, 0
    for i, char in enumerate(code):
        if char in exprs:
            not nest_count and result.append(exprs[char])
        elif char == "[":
            nest_count += 1
            if nest_count == 1:
                nest_start = i
        elif char == "]":
            nest_count -= 1
            if nest_count == 0:
                result.append(parse(code[nest_start + 1 : i], exprs))
    return result

def run(code: list, state: StateMachine =None) -> None:
    state_machine = state or StateMachine()
    for expr in code:
        if isinstance(expr, list):
            while state_machine.mem[state_machine.pointer]:
                run(expr, state_machine)
        else:
            expr(state_machine)

def main():
    filename = sys.argv[1]
    with open(filename) as f:
        code = f.read()
    exprs = {
        "+": inc,
        "-": dec,
        "<": left,
        ">": right,
        ",": read,
        ".": write,
    }
    run(parse(code, exprs))

if __name__ == "__main__":
    main()

↑のプログラムのワンライナー版が↓になります。

(lambda sys:
    (lambda StateMachine, inc, dec, left, right, read, write:
        (lambda parse, run, filename: (
            run(parse(
                (f := open(filename)).read(),
                {"+": inc, "-": dec, "<": left, ">": right, ",": read, ".": write}
            )),
            f.close()
        ))(
            (lambda f: lambda code, exprs: f(code, exprs, f))(
            lambda code, exprs, f: (nest_count := 0) or (nest_start := 0) or list(filter(bool, (
                (nest_count := nest_count + 1) == 1 and (nest_start := i) and None             if char == "[" else
                (nest_count := nest_count - 1) == 0 and f(code[nest_start + 1 : i], exprs, f)  if char == "]" else
                not nest_count and exprs.get(char, None)
                for i, char in enumerate(code)
            )))),
            (lambda f: lambda code, state=None: f(code, state, f))(lambda code, state, f:
                (state_machine := state or StateMachine()) and any(map(
                    (lambda expr:
                        not any(map(
                            (lambda _: [f(expr, state_machine, f), state_machine.mem[state_machine.pointer] == 0][1]),
                            iter(object, None)
                        )) if isinstance(expr, list) else
                        expr(state_machine)
                    ),
                    code
                ))
            ),
            sys.argv[1])
    )(
        type("StateMachine", (), {"__init__": (lambda self:
            setattr(self, "mem", [0])
            or setattr(self, "pointer", 0)
            or setattr(self, "cin", sys.stdin)
            or setattr(self, "cout", sys.stdout)
        )}),
        lambda state: state.mem.__setitem__(state.pointer, state.mem[state.pointer] + 1),
        lambda state: state.mem.__setitem__(state.pointer, state.mem[state.pointer] - 1),
        lambda state: (setattr(state, "pointer", state.pointer - 1) or state.pointer < 0) and state.mem.insert(0, 0),
        lambda state: (setattr(state, "pointer", state.pointer + 1) or state.pointer >= len(state.mem)) and state.mem.append(0),
        lambda state: state.mem.__setitem__(state.pointer, ord(state.cin.read(1))),
        lambda state: state.cout.write(chr(state.mem[state.pointer])) and None
    )
)(__import__("sys"))

書いててあたま爆発しそうになりました。実際に1行にしたものがこちら

Pythonってすげえ...

AtCoder

おまけ的な実践編です。
freee プログラミングコンテスト2022(AtCoder Beginner Contest 264)A, BをPythonワンライナーで解きます。
ABC264のネタバレになるので折りたたんでおきます

A

問題文

文字列atcoder文字目から文字目までを出力してください。

制約

  • は整数

A - "atcoder".substr()より

解答

(lambda l, r: print("atcoder"[l - 1:r]))(*map(int, input().split()))

添字の罠に注意しましょう。

B

問題文

次の図に示す、各マスが黒または白に塗られた縦列のグリッドにおいて、上から行目、左から列目のマスが何色かを出力して下さい。

制約

  • は整数

B - Nice Gridより

解答

print((lambda r, c: ["white", "black"][r & 1 if r > c else c & 1])(*map(lambda a: abs(a - 8), map(int, input().split()))))

ちょっと複雑な感じがあるのでやっていることを書いておきます。

  1. 対称性に注目して、lambda a: abs(a - 8)で"第一象限"に限定
    • といったところ
    • グリッドの右下だけ考えるイメージ
  2. の大小で場合わけ
    • のとき、の偶奇を見る
    • それ以外のとき、の偶奇を見る
    • maxでいいじゃん
  3. 偶数→白、奇数→黒
    • 中心の白から外側に0, 1, 2, ... と番号が増えていく感じ

おわり

皆さんもPythonワンライナーしましょう
次の担当は@SlimySlimeさんです!

H1rono_K icon
この記事を書いた人
H1rono_K

趣味プログラマー(大学生)

この記事をシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加
共有

関連する記事

2021年8月12日
CPCTFを支えたWebshell
mazrean icon mazrean
2022年9月26日
競プロしかシラン人間が web アプリ QK Judge を作った話
tqk icon tqk
2022年9月16日
5日でゲームを作った #tararira
Komichi icon Komichi
2022年8月29日
ケモナー向け VRChatの始め方、歩き方。VR無くてもできる!
pikachu icon pikachu
2021年4月18日
ベズー係数とN項の拡張ユークリッドの互除法
0214sh7 icon 0214sh7
2022年8月30日
【競プロer向け】母関数を習得しよう!
tatyam icon tatyam
記事一覧 タグ一覧 Google アナリティクスについて