2018年3月6日 | ブログ記事

ICPC World Finals 2018にninjaribatonが出場します!

nari

こんにちは。nariです。Splatoon2たのしいですね。

さて、traPのメンバーで構成されたチームninjaribatonが7月の国内予選に参加して通過し12月のアジア地区予選で5位入賞を果たしたのは記憶にあたらしいですが、この度World Finals 2018への進出が決定しました!

参考 : World Finals Teams 2018
参考 : 本学院学生がACM-ICPC World Finals出場! | 情報工学系 News | 東京工業大学 情報理工学院 情報工学系
参考 : 本学学生がACM国際大学対抗プログラミングコンテスト世界大会2018へ出場決定! | 東工大ニュース | 東京工業大学

ICPC World Finals 2018に出場するチームは日本では東京工業大学チームninjaribatonの他に、東京大学のCxiv-Dxiv、筑波大学の5000-cho-enの2チームがあります。

参考 : 筑波大学|お知らせ・情報|ニュース|学生プログラミングコンテスト(ACM-ICPC)で筑波大学チームが世界大会進出

ICPCとは

ICPCとはACMという学会の主催する国際大学対抗プログラミングコンテストのことで、要は世界中の強い大学たちでプログラミング対決して世界最強大学チームを決めるコンテストになっています。
最終的な世界大会(World Finals)に出場するためにはアジア地区予選で上位に入る必要があり、日本国内の強豪チームや世界の刺客と戦って勝たなければいけません(そして今回勝ちました!!)。
また大学対抗という名前の通り、1大学からは1チームしか世界大会にいけないというルールがあり、超強豪大学・東京大学は毎年東京大学内での戦いが凄まじいらしいです。

ICPCは同じ大学の3人が1チームとなって参加するルールとなっています。今回のninjaribatonチームは以下の3人で構成されています。

今後

ICPC World Finals 2018は中国北京にて4月19日に開催されます。
それまでに力を付けてぜひ順位表上位に名を残して(出来ればメダルも持って帰って)いきたいと思います。
今後のninjaribatonにご期待下さい。

この記事を書いた人
nari

きょうぷろ(C++) / CTF(Crypto/PPC) / げーむづくり(Java/JavaScript) がしゅみなぷろぐらま おんがくはきくのがすき さんかぷろじぇくとは Traps of Typing(ぷろぐらま) / Polar Snow Fantasy(ぷろぐらま) です

この記事をシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事

2017年12月20日
ICPCアジア地区つくば大会参加記
baton
2017年7月15日
ICPC2017国内予選 参加記 - ninjaribaton
nari
2018年10月30日
競プロだけでは習得しづらいJava Stream API 【アドベントカレンダー 6日目】
mikit
2018年9月8日
青くなったよ
yamada
2018年3月18日
SamurAI Coding 2017-18に参加しました
ninja
2017年12月14日
yukicoder Advent Calendar Contest 2017 11日目 Day of the Mountain 解説
nari

活動の紹介

カテゴリ

タグ