2017年12月24日 | ブログ記事

最強の格闘技はなにか!?

chikuwa

こんにちは。12/24日のAdCを担当するchikuwaです。

今回は、世界一面白い漫画と評判(?)の喧嘩稼業の布教をしようと思います。
(若干ネタバレを含みます)

1:喧嘩稼業とは

喧嘩稼業は、”最凶の漫画家”木多康昭さんによって2014年から週刊ヤングマガジンで連載されている、格闘漫画です。(単行本は9巻まで出ています。)

2:あらすじ

ざっくりいうと、栃木県の高校に通う喧嘩大好き高校生の佐藤十兵衛が、ある目的のために、最強の格闘技を決める大会、陰陽(インヤン)トーナメントに参加するお話です。(喧嘩稼業の前作品である喧嘩商売では、主人公やほかの参加者がトーナメントに至るまで過程を描いていて、そちらも面白いのでぜひ読んでみてください。)

3:喧嘩稼業のここがいい!

喧嘩稼業で最も面白い部分はなんといっても頭脳戦でしょう。

これらが喧嘩稼業の中での戦いにおける主な要素になっています。
例え肉体的に強いキャラでもこれらの駆け引きが出来なければ、相手に自分の強みを封じられ、実力を発揮できないまま負けてしまいます。

また、相手を策略によって陥れる場面もよくあるのですが、その伏線がそれより前のシーンでほぼ必ず用意されているので、そこから今後の展開を予想するのもこの漫画を読む上での楽しみだと思います。

4:喧嘩稼業のここがダメ!

休載がちょっと多いかなあ・・・。まあ、その分よく練られてより面白い漫画になっていると思えば耐えられると思います。

あと、これは喧嘩商売の方でよくあったのですが、唐突に微妙なギャグ路線に脱線することですかね。
喧嘩稼業からはほとんどなくなったのですが、それが読んでいて唯一不快でした。(木多さんらしいといえばらしいですが。)

5:最後に

投稿日前日に体調を崩してしまってあまり書けなかったのですが(言い訳)、他にも喧嘩稼業の面白い部分はたくさんあるので、ぜひ読んでみてください。


明日はYosotsuさん、tsukamotoさん、nariさんの記事です。お楽しみに!

この記事を書いた人
chikuwa

物理学系の17です。traPではプログラムをやってます。超ひも理論に興味があります。よろしくお願いします。

この記事をシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事

2017年12月27日
Splatoon2~ボムの使い方~
shigurure
2017年12月26日
RustでMCMC(Metropolis-Hasting)
David
2017年12月26日
NinjaFlickerが完成しました
gotoh
2017年12月25日
Project Obelisk [traP Advent Calendar 2017]
nari
2017年12月25日
tobiom
2017年12月25日
ネタがないので迷路を自動生成してみた
tsukatomo

活動の紹介

カテゴリ

タグ