2017年12月1日 | ブログ記事

バラエティ番組を見よう

tako

こんにちは。アドベントカレンダー2017の12月1日担当のtakoです。

はじめに

みなさん、ちゃんとテレビを見ていますか?ネットばかりしていませんか?
普段あんまりテレビを見ないという人にすこしでもテレビに関心を持ってもらえるようにこの記事を書いていこうと思います。

まず、テレビ番組のジャンルには「報道」「音楽」「ドラマ」「映画」「アニメ」「スポーツ」「バラエティ」などがあります。時事的な出来事などの情報を得るための報道番組やみんな大好きなアニメの番組がある中で僕が見るテレビ番組は95%以上がバラエティ番組です。なぜそこまでバラエティ番組ばかりを見ているかというと、単純にお笑いが好きだからです。お笑いが好きといっても漫才やコントなどをするネタ番組ばかりを見ているのではなく、トーク番組やロケ番組やクイズ番組なども見ています。むしろこっちの方を主に見ています。よくよく考えると最近はネタをするだけの番組が少なくなっているので少し悲しいです。

話がそれてしまいましたがこの記事ではテレビ番組の中でもバラエティ番組に関して書いていきます。

バラエティ番組とは

そもそもバラエティ番組とほかの番組との線引きはどこだろうと考えたとき、お笑い芸人が出ていたらバラエティ番組かなあ?いや、でも最近はお笑い芸人が報道番組の司会やコメンテーターとして出ているしなあ。とか考えていてもわからないのでwikipediaを見てみることにしました。

バラエティ番組(バラエティばんぐみ)は、トーク・コント・コメディ・歌・クイズ・ゲーム・ものまね・ドッキリ・グルメ・ロケ・恋愛・雑学・奇術・心霊・お色気・視聴者参加型の企画などのいくつかの種類の娯楽を組み合わせたテレビ・ラジオ番組のことである。

思っていたより幅広いジャンルがバラエティ番組に該当するようです。全然見ないジャンルもまあまあありました。
では、具体的にどんなバラエティ番組があるのでしょうか。

などなどあげるときりがないのでこれくらいにしておきます。一応それぞれの番組の個人的に好きなところを紹介します。
「アメトーーク!」はお笑い芸人等が週によって決まったトークテーマで話をするトーク番組です。大体はただトークをするだけですがそれでも笑いをとるのでお笑い芸人の力を実感できるところがいいです。個人的には木曜の方が好きです。
「イッテQ」は芸人たちが体を張ったロケをした映像を放送する番組です。若手ではない人が体を張ったロケをするところがすごいです。子供にめちゃくちゃ人気がある番組です。
「水曜日のダウンタウン」は芸人たちが持ち寄った説を検証するという番組です。この番組では一般人でも容赦なく悪意ある編集をするところが好きです。ちょっと前ですが個人的に好きだったのは「芸人なら自分のネタと同じ状況が現実に起きたら完璧にツッコめる説」です。
「ダレトク」はいろいろとロケをした映像を放送する番組です。最近では2週に1回は新しいコーナーが始まるくらい新しいことをやっています。個人的には23時放送の方が好きでした。

バラエティ番組の見方

僕はバラエティ番組を見るときルールというかちょっとしたこだわりがあります。それはスマホをいじりながらとか勉強しながらテレビを見ないでテレビのみに集中するということです。その理由はほかのことをしながらテレビを見るとバラエティの面白さが激減してしまうからです。テレビのみに集中して見ていると、あるフリから笑いが起こることをちゃんと認識しているので面白いですが、ほかのことに集中してしまうとフリに気づかずなぜ笑いが起きたのかわからないので全然楽しめません。やはりバラエティを純粋に楽しみたいならテレビのみに集中しなければなりませんね。
突然ですが、テレビを見ている途中のCM嫌じゃないですか?いいところなのにCMに入って水を差す。僕はCMが嫌なので最近は画期的な見方を実践しています。それは見たい番組は録画してみてCMをとばすという見方です。ん?どういうこと?といいますと例えば19:00~20:00の番組が見たいとします。その番組は事前に録画しておきます。19:00になっても放送を見ずに19:10~19:20くらいになったら録画の初めから見ます。録画なのでもしCMが来てもとばせます。CMをとばすことによって、CM分の時間がなくなるので見終わる時間は20:00くらいになるので時間ももったいなくありません。図で表すとこんな感じ。
cmcut2
ただしレコーダーによっては録画の途中なら再生できないものもあるので注意。
この見方のデメリットとして

などがあります。

おわりに

最近のテレビ番組では、視聴率が低いために半年くらいで番組が打ち切りになったり、長寿番組が終わってしまうことがよくあり悲しいです。現代ではネット番組の方を見る人が増え、テレビ番組は昔のようには視聴率が取れなくなりました。さらに、テレビ番組自体も昔よりもかなり規制が厳しくなり過激なことができなくなったのも視聴率が低下した原因だと思います。それでも規制の範囲内でスタッフはより面白い企画を考えたり、出演者は番組が盛り上がる方向へもっていこうと頑張っています。なので自分の好きなテレビ番組がある方はその番組をみんなに広めて打ち切りにならないようにしてほしいです。

明日の記事はRLookさんとMENTOSさんです。

この記事を書いた人
tako

プログラミング頑張ってます

この記事をシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事

2017年12月27日
Splatoon2~ボムの使い方~
shigurure
2017年12月26日
RustでMCMC(Metropolis-Hasting)
David
2017年12月26日
NinjaFlickerが完成しました
gotoh
2017年12月25日
Project Obelisk [traP Advent Calendar 2017]
nari
2017年12月25日
tobiom
2017年12月25日
ネタがないので迷路を自動生成してみた
tsukatomo

活動の紹介

カテゴリ

タグ