2017年11月7日 | ブログ記事

ガチホコの勝率の上げ方@Splatoon2

SoLA

どうもこんにちは、16のSoLAです。自分はスプラトゥーンというゲームが非常に好きです。
去年の7月にスプラトゥーン1を買って今までにないくらいハマりました。
はじめてのTPSゲームでしたが奥が深くて多いときは家に帰ってからずっと
やってました。今年の7月には新作のスプラトゥーン2が発売されスイッチと一緒に買った人も
多いと思います。

このゲームの難しいところはある程度まで進めると急に勝てなくなる時がきます。(sとかs+に成りたての時に多い傾向)
本記事ではスプラトゥーン2における特に難しいと言われているガチホコの勝率を少しでも上げるための方法、考え方を書いていきます。
読んでもらう上で注意して欲しい点が一つありますが、経験則で書いてある部分も多々あるので実際にガチマッチで実践して負けても僕にプロコンを投げないでください。

1初動で溶けない

今作において初動で溶けないことはそれだけで5キルくらいの価値があると思っています。
ホコは先手有利なので最初のターンでカウントを取りに行くことが重要です。
そのためにも猪プレイは絶対にしないほうがいいです。

2ホコを積極的に持つ

上手な人がみんな言うセリフですね。もちろん皆さんもご存じだと思いますが少し付け加えるとタイミングが重要です。

ホコを持つときは人数有利時に行うことが原則です。このタイミングが早ければ早いほど良いのですが、理想としては相手が落ちた時ではなく、相手が落ちる0.5秒前くらいが理想です。
この0.5秒が(特にホコに関しては)カウント有利に
繋がっていきます。そのため味方の動きを見ていつでもホコに絡めるようにしておく準備が必要です。チャージャーや後衛武器を持つ人は後ろに
いるので全体がよく見えると思うので特に意識しておきましょう。(僕としてもチャージャーがホコ持ってくれると非常に助かります...)

3主要カウントを覚えておく

ステージ事にホコの主要カウントを覚えておくと試合の運び方が非常に楽になります。
例としてチョウザメだったら35、タチウオなら35~41、マンタマリアなら30~35です。ホコを運ぶときは
この主要カウントを目指して進めることが目標です。上手くスペシャルを合わせて突破していきましょう

4ホコを持たない人はホコ持ちをサポートする動き方を

ホコを持たない残り3人は常に味方のホコ持ちの動きをみて道を塗ったり敵を倒さなければいけません。
短射程~中射程の人は基本的にホコより前のポジションですが長射程武器の人はホコ持ちが進まず均衡状態
になっているときはホコ持ちの一歩後ろにいるとカバーしやすいです。(均衡状態の時は変な輩が、変なところから飛び出してきやすいので)

5ホコショットで牽制する。

4で述べたようにホコ持ち以外は基本前に出ますが、その時ホコショットで牽制することが大事です。
特に今作のホコショットは高台や壁裏にいる敵にも届くので
味方がカバーし辛い部分を牽制してあげると
前線が速くあがっていきます。

ただ打ちすぎていても相手のスペシャルがどんどん溜まっていくので1,2発
打ったらすぐに進みましょう。

6無駄な突っ込みはしない

よくカウントで負けているときに、ホコを1でも進めるために突っ込む人がいます。それが主要カウントに繋がるなら大事ですが、それ以外の場合はあまりお勧めしません。理由として主要カウントまでの地点では相手のほうが守備がしやすいからです。
きちんと味方とスペシャルを合わせて全員で打開することを意識しましょう。

7敵、味方のスペシャルを意識する

今作はスペシャルを上手く合わせられるチームが勝ちます。ホコを持つときも
「味方スペシャルたまってるかな~」
「相手スペシャル溜まってないから今が攻め時かな~」

などを意識すると強いです。
守備のときでも
「相手スペシャル溜まってるな~」
と思ったら前線のラインを一段階下げたりすることが大事です。
これはホコだけでなく全てのルールに言えることです。

8甘い動きはしない

ホコって面白いことに「絶対に勝った!」って思ってもあっさり逆転されてしまうんですよね。みなさんも経験あると思います(コ○ブトラックの悪夢)
こういう試合って大体リードされたときの自分の1,2回前に甘い動きをしていることが多いです。
リードしていると、どこか油断が生まれてしまいます。
相手は逆転しようと血眼で狙っていることを考えると最後まで甘い動きをすることはできませんね。

9相手に裏取りは相手に「気づいてるよ~」と意識させる。

自陣の崩壊につながるパターンとして裏取りに全滅させられることがあります。ホコはオールダウンさえ防げればそう簡単には負けないはずです。
そのため気付いた時点で倒せるのが理想ですが、距離が離れている場合無理に倒さなくてもいいです。ボムなどで牽制して、こちらにばれているということを意識させるだけで
相手からしたら相当動きにくくなります。

10守備は防衛ラインを意識する。

相手が攻めているときはカウントに合わせて守備ラインを意識します。「絶対に越えられてはいけないライン」と「最悪越えられてもいいけど、ここで押さえておきたいライン」
の2つがあります。

前者は相手のリードに繋がりそうな地点ですね(これは試合展開によります)後者は大体だとカウント50~60くらいのところです。ここまでのカウントは
正直意味がないと思っています。3でも述べた通り主要カウントが重要です。この2つのラインを意識すると守備するときの目安となって戦いやすくなります。

11自分が合わせる側になる

これは野良のガチマッチで大事なことですが基本的に味方が自分に合わせてくれることはないと考えてください。上記で述べたことを味方が「合わせてくれる」ことは
あまり期待せず、自分が「合わせる」ようにすると勝率が格段に上がります。

+α上手になるために

上記に述べたことは間違ってはいないと思いますが、これからは少し自分なりの意見が入っているので軽い参考程度にしてみてください。

このゲームでホコに限らず全てにおいて重要なことは
・視野
・状況判断能力
・ステージ毎の知識
・武器の知識

だと思っています。
よく対面力やエイム力が高いほうが試合に勝てるという意見がありますが、そんなことはないて思っています。(もちろんあったほうがいいです)
というのはエイム力なんて人によってそこまで差がないからです。少しプレイすれば大体みんな同じくらいの
レベルに落ち着きます。

そこまで来ると打ち合いに勝つために先に仕掛けたほうが圧倒的に有利になります。
そのために重要なことが「視野」と「状況判断能力」です。これらが鍛えられると先手を打てる場面(有利対面)が分かるようになります。

なので打ち合いに負けた時、エイム云々に拘らず1つ2つ前の行動を見直すことが打ち合いに強くなる秘訣です。
またこれらを鍛えるために前提知識として「武器の特性」や「ステージ事の知識」を知っておく必要があります。

最後に

このゲームはやればやるだけ上手になります。楽しんでやっていく中で少しでも考えながらプレイすれば
すぐに上手になりますので是非s+50カンスト目指してお互い頑張っていきましょう!
明日は60さんとmds_boyさんの記事です。

この記事を書いた人
SoLA

初心者ですがjavaを頑張っています。スプラトゥーンのフレコを置いておきます↓ 0092-5006-6929

この記事をシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事

2017年12月27日
Splatoon2~ボムの使い方~
shigurure
2018年7月7日
ますにかえる ハッカソン参加記
yusuke
2017年12月26日
RustでMCMC(Metropolis-Hasting)
David
2017年12月26日
NinjaFlickerが完成しました
gotoh
2017年12月25日
Project Obelisk [traP Advent Calendar 2017]
nari
2017年12月25日
tobiom

活動の紹介

カテゴリ

タグ