東京工業大学
デジタル創作同好会

2017年7月23日 | メンバーブログ

HackU東京工業大学2017 「遠隔!シツケール」

xecua

はじめまして。traPで一番名前の読み方に困る(自称)xecuaです。今回は私達がIchigojam第二期製作も兼ね、Hack Uで作った作品を紹介します。

概要

チーム BF(仮)[bekon2,moware,xecua]

「仮称でもいいのでチーム名決めてねー」とのことだったので

???「仮といえばGF(仮)でしょ」

???「いや、自分たち男だからむしろBF(仮)では?」

みたいな経緯できまりました。(仮)はどこかで消えました。あと小文字になりました。

作品名 「遠隔!シツケール」

作品テーマ「途中」にあわせ、勉強中のお子さんがパソコンにうつつを抜かさないようなツールを作りました。

ちなみにタイトルは3秒クオリティです。

作品紹介

このツールは親御さんのスマホとお子さんのPCを連動させて動かします。

スマホ側の画面はこんな感じです。

今回実装したのは、画面下方にあるように、

の4つです。

シャットダウン機能は残念ながら仕様上Windows10でしか動作しません。

エラーウインドウ表示機能のイメージです。

ちなみに放置するとメモリが大変なことになります。

こちらはメッセージ送信機能のイメージです。

文字がかなり小さいのが難点です。

シャットダウン機能は動作チェックのたびにPCが落ちるので大変でした。

結果

作った本人たちですら原理を説明できなかった(※)この作品ですが、なんと今回のHack Uで優秀賞をいただきました。

(※)
今回Tomcatサーバーを用い、同一LAN内でスマホをこれに接続していたのですが、このサーバーにリクエストを送り、サーバーがリクエストに応じた処理をする際に(処理の一部として)各種動作を行うみたいです(自己解釈)。未だによくわかっていません。
子供のPCにたてたサーバーに接続しなければならないなどいろいろと欠陥があります。

反省

プログラミング初心者の私達が賞を頂けたのは、メンバーそれぞれができることをやり、それを結集できたこと(チーム開発の利点だと思います)、そしてYahooの社員の方に全面的にサポートをしていただいたおかげだと思います。

よく顔を合わせ、メンバーで相談しながら開発できたのも良かったです。

ただ、やはり全員初心者は辛く、初日でイメージは固まっていたのに前日まで形になっていなかったのでチームに1人くらいプロがいたほうが良いと思いました。

蛇足

今回人生初レッドブルをキめましたが味は微妙でした。

この記事を書いた人
xecua

いろんなことに手を出しつつやる気をなくして放置するのが得意です。 traPに入ってお絵描きをかじりはじめました。こっちは割と続いてます。

この記事をシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事

2017年8月5日
HackU東工大2017参加記 -Asutech-
nagatech
2017年7月19日
Hack U2017 えぷろ班 「言い訳メーカー」
HARUKA

活動の紹介

カテゴリ

タグ