feature image

2023年12月15日 | ブログ記事

Linuxの普段使いする楽しさについて

ごあいさつ

みなさんLinuxを使っていますか?

どうもこんにちは、アルゴリズム班のcomaviusです。

Linuxを使うということ、それは自由であるということです。様々なものを自分の好きに変更することができます。今日はそんな自由にカスタマイズすることの楽しさに触れていただければと思います。

導入の経緯

まずは軽く導入の経緯について見ていきたいと思います。私も1年前まではwindowsを使っていたのですが、競技プログラミングを始めるにあたってC++の開発環境を用意しなければならなくなり、windows本体やWSLの開発環境があまり良いものではなかったため、Windowsとのデュアルブートという形でLinuxを導入することにしました。その際、初心者が使うなら情報の出回っているディストリビューション[1]がいいだろうということでUbuntuを選びました。

Linuxの嬉しみ

これはmacにも共通することだと思いますが、Linuxを使う上での嬉しさはなんと言ってもターミナル(いわゆる黒い画面)で完結する操作が多いことです。腕をキーボードのホームポジションから移動させることがなく、数単語のコマンドを書くことで様々な操作をすることができ、これは何にも代えがたい長所だと思います。それでは、実際に私がターミナルに加えた変更について見ていきたいと思います。

変更例1 Obsidian on git

さて話は変わりますが、Obsidianというmarkdownエディターがあります。これを導入するにあたって、データを自分の管理下においておきたいということで、原本をGitHubに保管するという形にすることとしました。しかし、いちいち保管場所まで行ってpullするようでは美しくありません。そこで、pullとpushを簡略化することとしました。

vault pull # pull from remote
vault sync # add, commit and push to remote

変更例2 Line on Linux

みなさんご存知のSLineはLinux版のアプリを提供しておらず、LinuxからLineを使うためにはgoogle chromeの拡張機能を利用するしかありません。しかし普段はfirefoxを使っているのにLineを使うためだけにchromeのGUIを立ち上げるというのはなんとも面倒なので、ターミナルから開きたいです。そこで、

nohup google-chrome --app="chrome-extension://ophjlpahpchlmihnnnihgmmeilfjmjjc/index.html" > /dev/null 2>&1 &

lineapp

で実行できるようにしました。

変更例3 Online-Judge-Toolsのwrapper

Online-Judge-Tools(通称OJ)は、AtCoderをはじめとした競技プログラミングサイトへの自動提出やサンプル入出力のテストができるようになるとても嬉しいプログラムです。しかし一回ごとにURLをベタ打ちするのは絶対に嫌だったので、いい感じにテストと提出ができ、ついでに自作ライブラリとの結合をしてくれるコードを書きました。面倒くさくて時間がなくてバグを放置したままなので現在は非公開なのですが、直し次第公開したいと思っています。

おわりに

いかがでしたか?

Linuxは便利で、その上オープンソースです。自分色になったターミナルを使っているとまるでパソコンが自分の体の一部になったかのような嬉しさがあるので、ぜひ一度試されてみて[2]はいかがでしょうか。


最後までお付き合いいただきありがとうございました。

明日は@iroriさんの「GDG DevFest Tokyo に参加してきたよ!」と@Alt--erさんの「RDP環境を作ってみようとしただけなのに」です。おたのしみに!


  1. Linuxの種類のようなものです ↩︎

  2. USBにOSのイメージを焼いて、PCの内蔵ストレージに変更を加えずに試すことができます。 ↩︎

comavius icon
この記事を書いた人
comavius

algoとheurと諸々と

この記事をシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加
共有

関連する記事

2023年12月22日
2023冬Hackathon03班 -新感覚タスク管理アプリ「Yaranai」-
Pugma icon Pugma
2023年9月25日
みんなAHCの魅力を知らなすぎて困る
comavius icon comavius
記事一覧 タグ一覧 Google アナリティクスについて