feature image

2020年12月2日 | ブログ記事

BOTは最高だ!!!【アドベントカレンダー2020 19日目】

この記事はアドベントカレンダー2020 19日目の記事です。

おまえはだれだ

らすになる

— traPスーパーようじょbotロリ子 (@trapyojo) November 22, 2020

12月に入りました。皆様いかがお過ごしでしょうか。

初めまして、20BのRasと申します。

先日@anninがtraQBot「ぷ」についてのブログを出していましたが、今回はBOTはBOTでも「SwitchBot」について語らせて頂きたいと思います。僕が作ったtraQBot「きなの」の話はまたいつか、、、

SwitchBotってなんぞや!

↓公式サイト
https://www.switchbot.jp/

これです。

はい。

今回のテーマは、「スマートハウス」です!!!!!

1か月ほど前にAmazon Primeセールが開催されていたのですが、そのタイミングで筆者のRasはSwitchBotに手を出してしまいました。今回はちょっとだけスマートになった筆者のおうちを紹介したいと思います。

買ったもの

以上です。各商品の簡単な説明をします。

SwitchBotハブミニ

いわゆる、「スマートリモコン」 とかいうやつです(実際にリモコンとなるのはスマホですが)。筆者の家ではこれを使ってテレビとエアコンを操作しています。

そもそも普通のリモコンの仕組みはご存じでしょうか。例えばテレビのリモコンは、ボタンを押すとボタンごとにそれぞれ微妙に波形の違う赤外線のパルスを発します。テレビはその信号を受け取って音量を変えたりチャンネルを変えたりしています。(バイナリーなんとかがなんとかみたいな詳しい話は調べてください、)

今回紹介したハブミニは、家中の(たぶん)任意のリモコンから出る赤外線を記憶することができます。これをスマホと連携させると、ハブミニから赤外線を出してスマホからテレビやエアコンを操作することができます。

文字だけでは何を言っているかちんぷんかんぷんだと思うのですが、つまりは、下の画像(スマホのスクリーンショットです)の赤い電源ボタンみたいなやつを押すとハブミニから「電源を消せ!/付けろ!」という赤外線の命令がテレビに伝わって、まるでスマホがテレビのリモコンとなったかのような働きをするのです!

すごくないですか?文明の利器を感じずにはいられません。

(かなり余談ですが、筆者はSwitchBotを買ったのと同時期にエアコンのリモコンの電池が切れたので今は電池を入れていません。それでもスマホだけでエアコンの電源、温度調節など何でもできます。神!)

リモコン

SwitchBotボット

SwitchBotボットは、もう少しわかりやすい名前はなかったのかとも思いますが、 巷では「指Bot」なんて呼ばれているようです(ここでもわかりやすいように指Botといいます)。

筆者は東京の賃貸一人暮らし大学生なので、部屋のライトのリモコンなんてありません。スイッチ式です。スマートハウスは100万年早かったですね、、、

と諦めるのは時期尚早、チキチキソーソーです。

SwitchBotには指Botという素晴らしい商品があります。これは説明するより下の動画を見てもらった方が早いのですが、つまりは「人間がスイッチを押す」という動作を物理的に機械に任せることができます。見てわかる通り、スイッチに付属のテープを貼ることで「押」だけでなく「引」もすることができます。なんたる優れもの!!!!

使い方

スマホにつなげて使います

この場合はアプリからはもちろん操作することができますし、もし?製の端末をお使いであればSiriやiosショートカットからも命令することができます。
筆者はiosショートカットを用いて以下のようなフォルダを作り、ホームボタンからボタン一つでいろいろ操作することができます。上では個別の家電を付ける方法を紹介しましたが、この「ALL-on」というアイコンを押すとなんとテレビ・エアコン・電気が全部付きます。
今月の電気代が楽しみですね。:kanasimi-:
アイコン

echo dotにつなげて使います。

全人類憧れの 「Alexa、電気付けて」 ができます。楽しい。
ちょっとカスタムすれば、「Alexa、おやすみ」でエアコンテレビ電気を全部消すことだって可能。

Google Homeにつなげて使います。

筆者の家ではAlexaがいるので使っていません。略。

IFTTTにつなげて使います。

IFTTT(イフト)は「If This, Then That」の略で、その名の通り「コレをしたらアレをする」というサービスです。筆者も使い始めたばかりであまり詳しくはないのですが、筆者のIFTTTでは
「Rasが自宅1km周辺に帰ってきたら、自動で部屋の電気を付ける」
というものを使っています(通知も来ます。下図参照)。これのおかげでどんなにバイトで疲れても帰ると明るいおうちが待っています。たのし~
ifttt

購入して感じたこと、その他もろもろ

正直ハブミニはほぼほぼ非の打ちどころがありません!素晴らしい商品だと思います。強いて短所を言うとすれば、やはり近くにテレビリモコンがある場面ではそっちの方が便利です。当たり前ですが。また、もうすぐ12月だというのにAlexaに「エアコンつけて」と話しかけると「冷房を設定しました」と返って来る時があります。寒い。

それに対し指Botは、先ほど紹介したようにIFTTTで自動で動かす分にはとても助かっているのですが、正直自分でつける方が早いです。導入してから気づいたのですが、アプリの起動にも若干時間がかかりますし、SiriやAlexaに頼むのも意外と疲れるものです。しかし先ほど動画で確認して頂いたように、構造上自分で押すことはできません。完全にスイッチの支配権を指Botに奪われます。悲しい。

、、、とはいえ指Botも電気を付けるためだけに存在してるわけではありません!指Botはスイッチがあるものすべてに取り付けることができます。例えば朝8時に炊飯機のスイッチを押すとか (予約機能あります) 、朝8時に加湿器のスイッチを押すとか (予約機能あります) できます。指Botの使い方を見つけるのも楽しいのかなと思います。

今回筆者はSwitchBotシリーズを購入しましたが、もし指Botが必要でない場合は、後ほど出てくる「Nature Remo」を購入してみるのもよいかもしれません。筆者は使ったことがないのですが、UIがSwitchBotよりも優れているように感じました。(個人の見解です)

盲点でした。

【AWSの異常のお知らせ】アマゾン ウェブ サービス(AWS)の異常によるデバイスの操作失敗で、一部のユーザー様が正常にサービスを使用できないことにご迷惑をおかけしまして誠に申し訳ございません。現在、AWSサポートチームと緊急修復中でございます。

— SwitchBot Japan(スイッチボット) (@SwitchBotJapan) November 25, 2020

Nature Remoのクラウドシステムが障害により不安定になっています。それによりNature Remoがお使いいただけない状況が発生しています。
現在原因調査中です。ご迷惑をおかけして申し訳ありません。

— Nature株式会社 (@NatureRemo_JP) November 25, 2020

つい最近11/26~27にかけてAWS(Amazon Web Service)の障害が起こりました。

SwitchBotに加え、同じくスマートハウスに力を入れているNature株式会社のNature RemoもAWSに依存しているため、AWSに障害が起きたときにこれらのサービスもやられてしまいました。これにより、日本中で電気が消せない人が続出しました。これも考慮する必要があります。

以下、個人的な話なので読み飛ばし可

そろそろ読むのに疲れてきたかと思いますが、もう少しお付き合い下さい。

ここからは特に筆者の個人的な話になるのですが、私はもともとIoTとかスマートハウスに興味を持っていて、一人暮らしをしたら導入したい!とずっと思っていました。

4月に一人暮らしを始めて、スマートハウス化第一弾として今回テレビ・エアコン・電気をスマート化しました。先ほどSwitchBot公式サイトで見てもらったように、SwitchBot製品はハブミニと指Botだけではありません。湿温度計はまあともかく、SwitchBotカーテンと SwitchBotプラグはかなり気になっています。先ほど紹介したIFTTTを使って、「朝タイマーを止めたら、カーテンを開ける」というようなこともできるのでかなり面白いかなと思います。

また、SwitchBotとは関係なくなるのですが、万物を自動化させるためにロボット掃除機と食器洗浄機はめちゃめちゃ欲しいです。なんならSwitchBotカーテンとかより全然欲しいです。「家事くらい自分でやれよ」と思う方も多いと思いますが、私はそうは思いません。めんどくさいので、、、 時間をより効率的に使いたいので!!!

今後家に実装したいもの

おわりに

おわり!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

明日の担当者は@Silviaseさんです、たのしみ~~~~~~~~~~~

Ras icon
この記事を書いた人
Ras

20B。アライグマです。

この記事をシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加
共有

関連する記事

2020年12月4日
【一緒に始めよう】VSTプラグインをつくる【AdC2020 21日目】
liquid1224 icon liquid1224
2020年12月17日
一人でゲームを作ったハッカソン【AdC2020 34日目】
Komichi icon Komichi
2020年11月19日
ICPC国内予選2020参加記【AdC6日目】
tatyam icon tatyam
2020年12月21日
かけだしデザイナーが「ほぼ」1ヵ月間毎日ロゴを描いてみた話【AdC2020 38日目】
WhiteFox icon WhiteFox
2020年12月17日
JavaScriptの非同期処理についてのメモ【AdC2020 33日目】
reyu icon reyu
2020年12月13日
全方位木DPについて
ebi icon ebi
記事一覧 タグ一覧 Google アナリティクスについて