2018年11月16日 | ブログ記事

最近作ってるゲームの話 【アドベントカレンダー2018 23日目】

ryuon

この記事はtraP Advent Calender 2018 23日目の記事です。

はじめに

はじめまして、18のryuonです。
現在僕はMonsterのプロジェクトに参加しており、プ班として開発に携わっています。今回は僕が現在が作っているゲームについて紹介ということでMonsterについての紹介もしたいのですが、こっちに関しては頑張って調べていただければ知ってもらえると思うのでそちらは割愛して僕が個人で作ってるゲームの紹介をします。
個人とは言ってますが実際は僕と僕の高校時代の先輩の2人で作ってます。

先輩とはよく一緒にゲームしたりして遊ぶのですが、その時に僕が何気なく「何か一緒にゲーム作りません?」って誘ったら「いいぜ」って言ってくれて、ゲーム制作することになりました。
それでどんなゲームを作るかを話し合い、先輩が「敵が次々に出てきてみんなでそれを撃ち落とすシューティングゲームをする夢が楽しかった」と言ったので、そういうゲームを作ることに決定しました。

言語はC++でDXライブラリを使ってます。
2人とも絵は描けないので敵とプレイヤーの画像はツールで生成したり、フリ素を使ったりしています。

ゲーム紹介

タイトル:Shooters!

ゲームの内容は先輩の夢通り敵がいっぱいできてそれを倒していくシューティングゲームです。通信協力プレイもできるようにする予定です。
これは現在のタイトル画面で登場キャラクターが横に歩いています。
-----2
タイトル画面でエンターを押すとキャラクター選択画面に移ります。右の白い部分にはキャラクターのステータスなどが入る予定です。----------
キャラを選んだら次はゲーム画面となります。まだ完成してないのでちょっと敵が多すぎる気もしますが、もしかしたら先輩の夢もこんな感じだったのかもしれません(笑)------1
このゲームの特徴はキャラクターごとに違う通常ショットと必殺技が設定されていることです。
通常ショットとしては、連射が利く代わりにばらつきがあったり、発射して少し経つと花火のように爆発したり、神父のキャラクターだと弾が十字架のような動きをしたりなどたくさんあり、キャラクターのレベルが上がるにつれて凄くなっていきます。
次に必殺技としては、虹の7色での7WAYショットや、派手なレーザーなどがあり、個人的に好きなのがカメラの枠が出てきてその枠の中に入った物を撮影しそれが敵なら大ダメージを与えるというもので、実際にその枠の中身が画像ファイルとして保存されます。
必殺技発動時には演出が入ったりしててなかなかいい感じです。

これはステージエディターです。最近先輩がExcelVBAにはまってるらしく、色塗りするだけで敵を配置できます。
editor

最後に

アイテムが未実装だったり、通常ショットや必殺技、敵が全部できてないな等々、まだまだやることはたくさん残ってます。そもそもまだ通信プレイできるようにしてないですからね…。年度内には完成させたい。

というわけで、ゲームの紹介は以上です。もし完成したら誰か一緒に遊んでくれると嬉しいです。

それと最後に、先輩に「このゲームを記事にするので先輩から何か伝えたいことはありませんか?」と聞いたら「んー……。なんもねぇわ(笑)」とのことでした。

明日のAdcはTMさんの記事です。お楽しみに!

この記事を書いた人
ryuon

高校時代からC++をやってました。 大学では機械学習やWebアプリとかやってみたいなぁって思ってます。

この記事をシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事

2018年11月27日
ひとりぼっちのげーむつくり
mabo
2018年10月31日
U22プログラミングコンテストに参加しました
uynet
2018年12月19日
ゾーマからの脱出〜後編〜
ran
2018年12月18日
ゾーマからの脱出~前編~
Meffi
2018年12月17日
ハッカソン2018Winter参加記 - チームSeek Tracks -
Saltn
2018年12月17日
ワンモデ参加記
nao

活動の紹介

カテゴリ

タグ