2018年11月11日 | ブログ記事

動画制作を勧める話[アドベントカレンダー2018 18日目]

iF

はじめに


iF, 誕生日おめでとう!

人類は動画を作るべき

おはようございます急ごしらえでクソ動画を作ったiF(アイエフ)です。
さて、皆さんも一度はYouTubeやニコニコ動画などの動画サイトを利用したことがあるかと思います。音楽、ゲーム実況、アニメ、音MADなど様々なジャンルの動画が存在しますが、それらには必ず人の手が加わって存在しています。今この文章を書いている間もそれを読んでいる間も、世界中で動画が作られ、投稿され、多くの人々がそれを観るわけです。
私は動画を「自由な自己表現の場」であると考えています。数多のオブジェクトを自分の思い通りに動かしたり、歌や演奏を披露したり、アニメやCMを楽器化したり、ホモビを切り貼りしてモンスターを生み出したりと何でもあり。好きなことで生きていくとまではいかなくとも、好きなことを好きなようにできる場です。私は普段ニコニコ動画で「ジャガーマンシリーズ」というMADを作って投稿していますが、表現の幅が正の無限大に発散していてとても楽しいです。

動画の作り方

そんな動画の作り方、ここでは詳しく説明することはしません。
そういったことは全て他サイト様に丸投げします。
なのでここでは「動画作りに必要なこと・最低限知っておいたほうが良いと思うこと」を簡単に説明しておきます。

(1)編集ソフトについて

動画作りはソフトがないと始まりません。ここでは私の使っているソフトを紹介します。
動画作成者の9割が使用しているソフトがAviutlです。正直他のソフトのことを全く知らないので比較はできませんが、最悪これ(と素材)があれば基本的に動画を作ることは可能です。
また、Aviutlと並び重要なソフトがREAPERで、Aviutlでは難しい音声編集ができるようになります。
上記2つがあれば大体の動画は作れるようになります、多分。動画のジャンルによっては凄いカメラやら偽トロやら必要になるかもしれません。ちなみに私はその他に、音MADの音声素材加工用にVocalShifter、画像素材作り用にスマホアプリのibisPaintXPhotoLayersを使用しています。

(2)素材

画像や音声などの素材はネット上に無数に転がっているので基本困ることはありませんが、極力フリー素材を使うように心がけましょう。自分で撮った写真や動画を使う場合もプライバシーに注意です。あ、全然全く関係ないけどnicozonってサイトは便利ですよはい。
また、自分で絵が描ける・音楽が作れるというつよい人はその技能を存分に生かしましょう。「自作の素材」というだけでオリジナリティを出すことができます。

(3)作り方講座(の紹介)

あとは下にわかりやすい動画制作講座のリンク貼っとくのでこっちを見てください(丸投げ)(例のアレ注意)
Aviutlメイン→ https://www.nicovideo.jp/watch/sm29813079
REAPERメイン→ https://www.nicovideo.jp/watch/sm33976137

おわりに

動画制作はいいぞ。
自由な発想で好きなように表現ができるのが動画作りの魅力です。あなたが今まで観てきたものを参考に、まずは簡単な動画からでもいいので作ってみることを提案します。技術は後付け。
だいぶ雑になってしまいましたが、ここまで読んでいただきありがとうございました。

おまけ

上の動画に使った素材
https://www.nicovideo.jp/watch/sm34115839

この記事を書いた人
iF

この記事をシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事

2018年12月19日
ゾーマからの脱出〜後編〜
ran
2018年12月18日
ゾーマからの脱出~前編~
Meffi
2018年12月17日
ワンモデ参加記
nao
2018年12月16日
2018年のクッキー職人が知っておくべきこと
spa
2018年12月16日
ICPCアジア地区横浜大会参加記【アドベントカレンダー2018 52日目】
eiya
2018年12月15日
合宿免許【アドベントカレンダー2018 52日目】
osushi

活動の紹介

カテゴリ

タグ