2018年9月2日 | ブログ記事

RTbot作成日記

eiya

おいす~(traP内で流行っている任意の時間の挨拶)
eiyaです。
この記事は夏のアドベントカレンダー2018の9/2の記事です。
最近宣伝ツイートを無限にRTするRTbotなるものを作成しました。
今回はその作成の過程を紹介しようと思います。

traP入部前

度々宣伝ツイートをbotでツイートする機会がありました。ところがbotツイートをすると、自分のアカウントのツイートがbotツイートで埋もれて、他のツイートが見られなくなるという現象が発生していて困っていました。
そこでツイートじゃなくてRTにしようとしました。(RTなら宣伝を見たくない人もRTミュート出来ますしね)
ところが検索すると「固定ワードを見つけたらRT」というbotは見つかるんですが、あるツイートをRTし続けるbotが見つからない...悲しい...

仕方が無いので自作しようと思いましたが、当時の僕はC++でのWindowsゲーム製作と競プロしか知らなかったので作れませんでした。
思考回路としては

という感じです。

traP講習会

5月にtraPに入部し、講習会に参加しまくります。

Webアプリ講習会で、Webアプリの作成、公開方法を勉強しました。
この時はGoでTODO管理アプリを作りました。
Webアプリも動かしている間はPCが起動していないといけないという制約を受けますが、Webアプリは基本的に起動しっぱなしであるサーバー上で動かすことができます。
traPは部内サーバーを持っていて、作ったアプリを簡単に部内サーバー上で動かすことが出来ます。

また、Twitter bot講習会やって欲しいと言ってたら本当に開いてくれました。
RubyでツイートやTL取得などの基本的な事を出来るようになりました。

これで必要な知識は揃いました。

製作

3週間ほどかけて色々試行錯誤した結果、こういう構成になりました。

感想

この記事を書いた人
eiya

プログラミングをやっています。 メイン言語はC++14 競プロ/ゲーム制作/CTF

この記事をシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

活動の紹介

カテゴリ

タグ