2018年1月5日 | ブログ記事

Inverse

Saltn

Inverse-1

Inverseは2つの面を行き来する2D縦シューティングゲームです。伝統的なシューティングゲームのシステムに独自のシステムを加えた、ゲームの得意な人も苦手な人も楽しめるゲームです。

2018/2/10 公式スコアが公開されました。是非挑戦してみてください。

ダウンロード

ver1.0.1
音声に関するバグを修正

ダウンロードしたらzipファイルを解凍してInverse.jarを開けばプレイできます。readmeが一緒に入っているのでご一読ください。

※パソコンにJavaが入っていなければ、Javaのインストールが必要です。
※windowsの方は、パソコンにJDK(Java SE Development Kit)が入っていなければ、JDKのインストールも必要です。
※ウィンドウサイズは1200×800なので、ギリギリだと見切れるかもしれません。
※動作はwindows8, 10, mac OSで確認済みです。その他の環境でもプレイできると思いますが、動作は保証しかねます。

操作方法

メニュー

Z : 決定
X : 戻る
カーソルキー : カーソル移動

ステージ

Z : ショット
X : スペシャル
カーソルキー : 自機移動
Shift : 遷移
Esc : Pauseを開く

ゲーム紹介

PV

ニコニコ自作ゲーム2018に参加します!

youtube版

遷移

Inverseの最大の特徴は、並行して2つの面を攻略できることです。と言っても、一度に2つの面を操作する必要がある、というわけではありません。Inverseでは2つの面を1つの自機で攻略します。もちろん、自機は同時に2つの面に存在することはできません。その代わり、Shiftキーを押すことで今居る面からもう一方の面に「遷移」できます。
遷移を行うことで、攻撃の激しい面から逃げたり、逆に敵の多い面へ行き敵を沢山倒すことができます。そのため自分の技術やプレイスタイルによって同じステージでも全く違う攻略法が編み出せます。

スペシャル

Inverseのもう一つの特徴は「スペシャル」です。これは他のシューティングゲームでいうボムに当たるものですが、その発動にアイテムも溜めも要りません。その代わりにスコアを"消費"します。
スペシャルは非常に強力な上、発動中は無敵なので、使えば攻略がかなり楽になります。しかし、使えば使うほどスコアが減っていきます。ゲームになれない内やシューティングゲームが苦手な方はクリアするためにどんどん使って、スコアラーの方は極力使わないでスコアを維持するという風に、目的や状況に合わせてプレイスタイルを切り替えられます。

自機の紹介

Reinmuth

--1_-_-

広範囲攻撃が得意な標準的な機体です。敵の出現パターンを覚えなくてもある程度対応できるので、初めてプレイするときに向いています。その反面、攻撃が広がってしまうので固い敵を倒すには密着する必要があります。

スペシャル:範囲攻撃

all_range_shot

自分のいる面全体を一瞬で攻撃します。真後ろにいる敵も倒せるのでどんな場面にも対応できます。

Donati

--3_-_-

弾速が速く、弾が拡散しない正面突破に特化した機体です。機体の移動速度は少し遅いですが、敵の出現位置を覚えておけば敵を速攻で倒せます。パターンを作るのが得意な人に向いています。攻撃は正面にしか届かないので、とっさの対応は難しいです。

スペシャル:極太ビーム

ultra_wide_beam

長い太いビームで正面を攻撃します。持続時間が長いので、移動する敵や後から出てきた敵もまとめて倒せます。

Kohoutek

--3_2-1

弾の威力、移動速度共に最高の強力な機体です。しかしながら弾速が遅く射程に制限があるので、慣れるまでは思ったように敵を倒せないかもしれません。移動速度が速いのは同時に制御が難しいということでもあります。全体的に使いこなすのは難しいですが、慣れればその攻撃力と機動力を存分に活かせます。癖のある強力な機体を使いこなしたい人向けです。

スペシャル:時間停止

しばらくの間時間を止めることができます。自由に行動できます。その間に敵を倒したり、無敵を使って弾を消したり自由に行動できます。

スタッフクレジット

★はチームリーダー

Director

Saltn

Programmer

★Double_oxygeN
rencon_man
chikuwa
kanji
tako

Music Composer & Sound Designer

★Saltn
neg

Graphics & UI Designer

★Kato_Kaoru
ahiru
neg

Debug

all team members

special thanks

the other traP members

この記事を書いた人
Saltn

参加プロジェクト ・モグラさんがコロんだ!(BGM) ・sushiyatoon(BGM,SE) ・titeQuest(BGM,企画) ・DeliSobaya(BGM) ・Inverse(チームリーダー,BGM,SE)

この記事をシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事

2018年3月17日
traPのゲーム制作ってどんな感じ?
Saltn
2018年2月10日
Inverse公式スコアが公開されました!
Saltn
2017年12月26日
NinjaFlickerが完成しました
gotoh
2018年6月12日
ハッカソン2018参加記 – チームFeSt「かえるます」 –
eiya
2018年4月26日
ゲームを作ろう
gotoh
2018年4月17日
春休みにゲームを作りました
uynet

活動の紹介

カテゴリ

タグ