2018年7月1日 | ブログ記事

ハッカソンの開発記 - 親の子殺し -

Itu

こんばんわ!Ituです。
ギリギリ(あうと)の投稿になりました。
本記事は6/10(日)にtraP内で行われたハッカソン開発記です。
チーム名:TAちこくした
作品名:親の子殺し
親のカエルが子供である増えすぎたオタマジャクシを倒すシューティングゲーム!(人類が増えすぎたこの現実の世界を比喩してるとかなんとか)
開発当日はmasutech16さんの力のなしでは成し遂げられなかったので、こういう紹介は心苦しいんですが、このままではチーム名が「は?」なので
↓チーム名です。

最大限起きる努力をしてらしたようですが、

さすがに難しかったようです。

メンバー紹介

Itu・・・プログラム、スライド
John・・・プログラム
masutech16(TA)・・・おたすけ
Sgima1023・・・グラフィック、サウンド、スライド
Taro・・・プログラム

顔合わせ

顔合わせでは大体こんなことを話していて、方向性もすぐに決まりました。

開発当日

ほぼみんなが時間通りに来たので、unityプロジェクトをgitで管理したり、役割分担したりするところから始めます。プログラムはゲーム作ったことない初心者3人。グラフィックはSigma1023に丸投げしました。

役割分担

開発終了2時間前にゲームの各要素はできたのですが、組み合わせるのにギリギリまで時間を使ってしまいました。この時点で、バグが残っていたり、ゲームの調整ができていなかったりしたのですが、何とかゲームの形にはなっていたので安心していましたね(発表で地の底に落ちる)。

群っぽい動き

発表

発表順がまさかの1番目、Sigma1023の神引きですね。緊張しました。なんだかんだ発表してて実況プレイしようとしたら、ヤバい、プレイ動画が映らない!!!!
PCにはゲーム映ってるのにスクリーンにはエモいデスクトップが、、、何もできずに発表時間が過ぎ去りました。
テスト接続が大事ですね。

できたもの

最終的にはこんな感じのができました!

制作を終えて

私も含めて、初めてのゲーム制作、チーム制作の人も多く、開発の難しさを知りました。発表でのアクシデントもあり、接続テストをしとけばなぁ~という後悔も残っています。でも、なんだかんだ言いながら、みんなで試行錯誤しながら何とか形あるものをつくるのは楽しいですね。制作にあたってmasutech16さんや他のメンバーにたくさん助けてもらいました、ありがとうございました。

この記事を書いた人
Itu

この記事をシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事

2018年7月7日
ますにかえる ハッカソン参加記
yusuke
2018年7月7日
ストロンチウム ハッカソン参加記
biore
2018年7月3日
ハッカソン参戦記 - チーム†未来のSysAd†「booQ」
nagatech
2018年7月2日
ハッカソン(5班・初心者同盟)
DD
2018年6月29日
チームおたまじゃくしのたのしいハッカソン体験記
iF
2018年6月29日
はじめてのハッカソン
opfer

活動の紹介

カテゴリ

タグ