feature image

2018年6月20日 | 作品紹介

ハッカソン体験記 -チーム「ZIP」-

はじめに

こんにちは!Amechanです。
あまりブログは書いたことがないので読みづらいかもしれませんがよろしくです。

今回自分はチーム「ZIP」(18班)として2018年6月10日に行われたハッカソンに参加しました。ちな全員初心者でした。

チームメンバー

・Amechan
・Johnny
・kyami
・Kaorimo
・mabo(アシスタント)

作品名は「なーるほどマスカレッジ」です。チーム名は「ZIP」です。はい、そーゆーことです。

事前に

6月7日に顔合わせ、アイデア出し、必要な仕様の確認、そしてどこを誰が担当するかを決めました。

お題の「ます」には桝太一とマス目のマップ、「かえる」には蛙を対応させました。ここの桝太一からZIPが連想されて、悪ふざけがどんどん増していきました。

作るゲームは、オタマジャクシを操作してゴールへ進み、途中の桝太一を取るとどんどん進化していってカエルに、山口メンバー取ったら退化するのですが、進化しすぎても退化しすぎてもカエルのタマゴになってゲームオーバーという変な設定も入れました。操作は十字キーです。

また役割としてはこのようになりました。

役割

基盤作り(担当:Johnny)
場面遷移回り(担当:kyami)
オブジェクトの挙動(担当:kaorimo)
グラフィック・サウンド回り(担当:amechan)

当日

当日は誰も遅刻することなくスタートしました。

午前

午前中はマップや操作キャラの基盤作成、桝と山口の導入、ゲームのスタート画面等、ゲーム内で使用する画像やサウンドの収集が終わりました。自分の担当なのにまだ何も描写できていませんでした。

昼食

雨降ってたのに傘を2人しかささずに雨に濡れながら空いてるお店を探しました。
お昼を食べながら午後やることの相談やアドバイスをmaboさんにしてもらいました。あっmoboさん、ゴチになりました!

午後

午後はまだできていなくて、無いとゲームにならないものを優先的にやっていきました。バグの処理、マップの描写をして、ラスト1時間前にやっとキャラを描写できました。
最初に山口を描写したんですが、画像サイズの調整をするのを忘れていたのでめたんこでかい顔が出てきたのは笑いました。

発表までにバグってしまったゴール判定、スタート画面等を修正できなかったのでゲーム性が無くなっちゃいました。それと音を付けれなかったのと、キャラが隣のマスに移動するときにアニメーションにするなどは出来なかったので残念でした。

-----
↑ゲームのスタート画面

発表

どうなるか少々不安でしたが、山口メンバーとかがウケて良かったです。
ほかの人の発表もツッコミどころ満載で面白ったです。

夕食

チームのみんなでご飯を食べに行きました。
ハッカソンの感想などの話を色々として仲が深まりました。

感想

全員初心者でしたがみんなで頑張ったのと、maboさんら先輩のサポートのおかげで完璧とまではいきませんでしたがちゃんと動くものができました。発表会では他チームのすごい作品、面白いバグやアイデアがあってめっちゃ笑いました。

これをのおかげでもっとプログラミングを勉強しようと思いました。いい経験をさせて貰いました。来年、再来年には自分がサポートする側にたてるように頑張ります。
ありがとうございました。

Amechan icon
この記事を書いた人
Amechan

色々やってみたいよね。

この記事をシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加
共有

関連する記事

2021年3月19日
traPグラフィック班の活動紹介
NABE icon NABE
2019年5月16日
Party Kingdom
Double_oxygeN icon Double_oxygeN
2018年3月17日
traPのゲーム制作ってどんな感じ?
Saltn icon Saltn
2019年8月20日
Intuition―1分ギャルゲ
gotoh icon gotoh
2021年4月21日
2021春M3のお知らせ
Aristoteles icon Aristoteles
2020年12月17日
一人でゲームを作ったハッカソン【AdC2020 34日目】
Komichi icon Komichi
記事一覧 タグ一覧 Google アナリティクスについて