feature image

2024年1月6日 | ブログ記事

traP ISUCON LTを開催しました

2023/12/23にtraP ISUCON LTを開催しました。
「ISUCON出場のためのツール/ライブラリ開発」をテーマに現役メンバー4名とOB 1名が登壇しました。

traP ISUCON LT (2023/12/23 17:00〜)
##### 更新履歴 * タイムスケジュールを変更しました(12/23) ## 概要 東京工業大学デジタル創作同好会traPによる、ISUCONについてのLTイベントです。 「ISUCON出場のためのツール/ライブラリ開発」をテーマに総勢6名が熱く語ります。 開催日時: 12/23 17:00~19:00 本イベントはオンライン開催です。 Youtube LiveのURLはイベント当日に参加者のみに公開されます。 ## タイムスケジュール 時間 | 内容 | 登壇者 ---|---|--- 17:00~ | オープニング | 17:05~ | 最近の…

YouTubeアーカイブ

LT一覧

最近の若者はsshしない(する)らしいですよ/@ikura-hamu

今年のISUCONに向けて作ったツール群「isu-isu-h」の機能と思想を紹介します。
https://trap.jp/post/2047/

GoのGenericsを使った効率的なキャッシュの実装/@toki

Go 1.18以降で登場したgenericsを使った、idiomaticにインメモリキャッシュの実装ができる自作ライブラリ「sc」の紹介をします。
https://github.com/motoki317/sc

「ISUCON何も分からん」という人が感じる「高いハードル」を「ISUCON初心者向け講習会」で飛び越えさせる/@pikachu

ISUCON初心者向け講習会のテキストをどんな意図で何を考えながら書いたのかを解説します。

isugata 〜ベンチマーカーのためのカッコいいHTTPレスポンスバリデーターを作る/@logica

ベンチマーカーを実装する際は、リクエストを送った後、返って来たレスポンスが題意に沿っているかバリデーションする必要があります。ステータスコードからJSONボディまで、レスポンスのありとあらゆる部分がバリデーション対象です。
愚直に要素ごとに列挙して書けばいいじゃないかって?カッコよくないしめんどくさい!Functional Option Pattern使ってカッコよくライブラリ化しようぜ!っていうのをgasshuku-isuconでやってみましたというお話です。

pproteinを中心としたNaruseJunの改善ループ/@to-hutohu(OB)

NaruseJun二連覇を支えた対ISUCON特化ツールpproteinの仕組みの紹介とそれを中心としたNaruseJunチームの改善の様子について話します。

oribe icon
この記事を書いた人
oribe

お絵かきする時間が欲しい

toki icon
この記事を書いた人
toki

Java, Go, JS/TSなどをいじっています

ikura-hamu icon
この記事を書いた人
ikura-hamu

SysAd班、ゲーム班 いろいろやりたい

logica icon
この記事を書いた人
logica

20B。何でも屋です。SysAd / CTF / アルゴリズム / サウンド / グラフィック(デザイン部) にいます。

pikachu icon
この記事を書いた人
pikachu

VRChatに住んでいる、重度のケモナーです。よろしくね!

この記事をシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加
共有

関連する記事

2023年12月22日
rust-toolchain.tomlを書こう
H1rono_K icon H1rono_K
2023年11月26日
ISUCON13にツールの力で勝ちたかった(mazrean)
mazrean icon mazrean
2021年9月21日
ISUCON11 traP CM制作についての小話
dan_dan icon dan_dan
2023年12月7日
Go Conference mini 2023 Winter IN KYOTOでLTしました
mazrean icon mazrean
2023年11月26日
【 #ISUCON 】 最近の若者は ssh しないらしいですよ
ikura-hamu icon ikura-hamu
2022年7月24日
ISUCON12に向けてダッシュボードを自作してログを可視化しました
Ras icon Ras
記事一覧 タグ一覧 Google アナリティクスについて