feature image

2020年3月15日 | ブログ記事

スプラトゥーンをうまくなりたい人へ。【新歓ブログリレー2020/7日目】

挨拶

20のみなさんはじめまして。18の情報工学系に所属しているSilviaseと申します。今日、2020年3月15日の記事を担当させていただきます。

大阪に行って4日で10万歩歩いたきり筋肉痛が治らず、体中湿布まみれになりながらこの記事を書いています。

コピーペーストしました。すいません!何でもしますから!

そもそもデジタル創作同好会のはずなのにゲーム記事書いて申し訳ないです。ほかの記事も書いているのでそちらの方もよろしくお願いします。

Splatoon is 何

スプラトゥーンはNintendoのライトなTPS(Third Person Shooting)ゲームです。いろいろな"ブキ"といわれるものを使ってインク弾を打ち合う野蛮なゲーム。APEXなどに代表される、いわゆるFPS(First Person Shooting)ゲームとは違い自分の体が見えるタイプのゲームで、モンスターハンターもこれに近いです。

私がプレイしているのはスプラトゥーン2であり、WiiUで発売された『スプラトゥーン』の後継ゲームです。Wii Uは所持しておらず、シューティングゲームはおろかPvP(対人戦)すら始めた当時(2019年1月)初めてでした。主に『ガチマッチ』といわれるレーティング戦で『ガチエリア』・『ガチヤグラ』ルールを主にプレイしています。ここでいうレーティングは『XP』と言われ、ポケモン剣盾でいうところの『マスターボール級』、つまり上位者層のみに表示されます。私の最高XPは2425です。大体世界で5000番くらいに上手らしいです。

ともかくどう上手になるのか?

ほぼ毎日1ルールを1.5時間程度プレイしました。最も塗っているブキはデュアルスイーパーカスタムで100万pt程度なので、スプラトゥーンを1からやっているような人とはブキの練度という意味においては低いのでこれは違うと思います。

私がしたことは

ここで重要なことは、『マイナーブキ・扱いが特殊すぎるブキを使わない』ことです。あてはまるものはボールドマーカー・ボトルガイザー・リールガン・カーボンローラー・ダイナモローラー・スクイックリン・リッター4Kなどでしょうか。練習してもほかの武器に立ち回りの応用が利かないものが多い独自性の溢れるブキです。

対して私がこれまで多く使ってきたブキは、

わかばシューター(Atomy)・N-ZAP85(2438がくえん)・デュアルスイーパーカスタム(だっつ・えとな)・スクリュースロッシャーベッチュー(ろんつ)・プライムシューターベッチュー(いろんな人)・クーゲルシュライバーヒュー(まぎえーす・りうくん)・バレルスピナーリミックス(まぎえーす・オクラ)・パラシェルター(ミリンケーキ・まさとさま)などです。ほかにもステージによってはバレルスピナー無印、デュアルスイーパー無印なども使いました。

いずれもそのステージや時期によって『強い』といわれるブキを『強い』といわれる人の使い方を真似して使っています。

強い武器は時期によって違います。例えばベッチューブキの実装とともに流行したスクリュースロッシャーベッチューですが、例にもれずこの時期に使用しました。ヒト状態で立ち回る技術はスピナーと同じですが、硬直をカバーしなければならないのでよりチャージャーなどを警戒しなければなりません。しかしながらそれを補って余りある性能でした。タンサンボムが現在より強力であったこと、メインの範囲も広かったことが大きな原因です。

ただ自分はエイムの自信がないのでエイムごり押しの前線使いの人は真似しません(ex. ねっぴー、ましゅー、反射神経)。

つまり、あけぬけに言ってしまえば、"強い人の空真似"という訳です。でも強い人と完全に同じプレイをすればそれはガチマッチの相手からすれば"強い人"になるわけです。

考えてプレイするというのもありますが、

最も重要なのはフェーズの概念で、自分がいま何をするべきか、つまり

ということが大切です。これを意識するとよいでしょう。実況者の話を聞いていると、今がどんなフェーズかということを説明していたりしますが、他は自分で考えることができます。各ステージ10分くらい、自分が何をするべきかを考えた後でプレイを始めると自分のプレイに一貫性が出来、反省もしやすいでしょう。

私の上達方法は上達とはいいがたいかもしれませんが、ウデマエが伸びないとやみくもにプレイすることは成長につながらないというのは正直に言えば受験勉強と同じです。また自分ができることしかしないことも怠惰につながります。常に挑戦を続けましょう。ゲームも勉強も同じです。

現在の環境について(2020/03/15現在)

ガチエリア

ガチエリアは当然塗れるブキが選ばれることが多いですが、チャーコラが以前よりも減りました。

現状のじゃんけんとしては竹・シューター・スピナーというところでしょうか。というと強い人に怒られそうですが竹と短射程をスピナーで見ておきたいところです。ただクーゲルは塗り合いの時に短射程モードで塗る必要があるのがネックで、どうしてもシューターとの打ち合いを避けられないところがあります。練習すべきであることはガチパワー3000の方から見ても明らかですが、使いこなすまでが大変なブキであることは間違いありません。

以上のようなことから私は現状ではスライドで誤魔化せるデュアカス、ある程度塗り性能のあるメイン性能アップ積みバレリミを使用しています。

ガチヤグラ

圧倒的なロラブラの多さは健在で、ロラロラブラプライムなどの事故編成が起こりやすいルールです。ですから基本的には安定して打開することができるスペシャル、ここではナイスダマ・アメフラシを持っているブキを使うことを推奨します。

以上のような利点から私はバレルスピナーを使っています。ステージによって無印とリミックスを分けています。スピナーが厳しそうなステージはデュアルスイーパーカスタムを使います。

結論

バレリミはチャージャー・ハイドラ・クーゲルがいなければ最強

あとがき

明日はtemmaさんの記事です。お楽しみに!

Silviase icon
この記事を書いた人
Silviase

お絵描き,Javaで競プロをしています。

この記事をシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加
共有

関連する記事

2020年5月15日
【新歓ゲーム制作特集 第2弾】Inverse製作秘話
Saltn icon Saltn
2020年5月19日
【新歓ゲーム制作特集 第6弾】個人でゲームを作る話
Facish icon Facish
2020年4月12日
Growl Bassの研究【新歓ブログリレー2020 35日目】
fomalhaut icon fomalhaut
2020年4月6日
はじめてのドット絵
xxpoxx icon xxpoxx
2020年4月3日
猫でもわかる(諸説)ハードサーフェスモデリング
isak icon isak
2020年3月19日
Ubuntuの環境構築備忘録【新歓ブログリレー2020 11日目】
manyato icon manyato
記事一覧 タグ一覧 Google アナリティクスについて