2018年9月8日 | ブログ記事

青くなったよ

yamada

この記事は夏休みブログリレー9/8の記事です。

こんにちは。やまだです。

書くことがなくて悩んでいたんですが、先日AtCoderのレートがようやく青色になったので(ほめてね)、そのことについて書いてみようと思います。

レート遷移

れーと.png

やったこと

水色で停滞している期間

問題を解かなかった

まあ自明なんですが、ろくに問題を解かなかったのでレートが伸びませんでした。

煽られた

これは「やったこと」というより「やられたこと」なんですが、僕よりレートの高い1つ下の後輩に散々煽られました。
心に大きな傷を抱えました。

水色から脱出する辺り

問題を解いた

過去のコンテストの問題をたくさん解きました(分量については個人の感想です)。
主に500~700点あたりが多かったように思います。
あとは昔のARCとか。
ツラいことはしたくないので、解くのがツラくなってきたらその日は寝ていました。
苦しむまで自分を追い込むようなことはしていません。

潜伏をやめた

潜伏というのは、たとえばARCなら、D問題やE問題から開いて、解けそうだったら解く、無理そうだったら提出せずに終了する、というものです。
C問題をとりあえず提出して、そのままC問題しか解けなくてレートが落ちる、といった事態を回避できます。
ただし、例えばD問題を提出してみてWAが出ると、それはもう悲惨なことになります。

僕に関して言えば、「意識的に潜伏をやめた」という感じではないのですが、最近はあまり潜伏をしなくなった気がします。
特に理由はないですが……。
まあこれが良いか悪いかはよくわかりませんが、場合によってはC問題しか解けなくてもパフォーマンスが2000近く出ることもあるので、嬉しかったりします。

煽られなくなった

青くなってからは後輩にあまり煽られなくなった気がします。


以上です。自明なことしか書いていませんが、水色で停滞して苦しんでいる人の参考になれば幸いです。
ところで青くなったコンテストがSoundHound社のコンテストなんですが、記念に内定くれたりしませんか?(しません)

おやすみなさい。

この記事を書いた人
yamada

この記事をシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事

2018年10月30日
競プロだけでは習得しづらいJava Stream API 【アドベントカレンダー 6日目】
mikit
2018年9月24日
夏休みブログリレー エンディング
Yosotsu
2018年9月23日
ゲームを作るものを作っています
Sigma1023
2018年9月22日
数理計算の講義を活かして震度計を作った話
RLook
2018年9月20日
私のinit.vimを紹介します(+おまけ)
xecua
2018年9月19日
ゲームの敵の動きを実装した話
mds_boy

活動の紹介

カテゴリ

タグ